Home 世界のニュース バイデン対トランプ再び:米国大統領の注目の分野 – 見解米大統領選、再びバイデン対トランプ、両首脳が指名を確認

バイデン対トランプ再び:米国大統領の注目の分野 – 見解米大統領選、再びバイデン対トランプ、両首脳が指名を確認

0
バイデン対トランプ再び:米国大統領の注目の分野 – 見解米大統領選、再びバイデン対トランプ、両首脳が指名を確認

ワシントン: 米国大統領選挙は今年後半に行われる。 今回の選挙では、ドナルド・トランプ前大統領が再び共和党から出馬している。 同様に、ジョー・バイデン大統領も民主党から再び選挙に挑むことになる。 両者の対決で選挙戦は過熱し始めている。

さまざまな選挙区: 米国の主要政党は民主党と共和党です。 ジョー・バイデンは現在、民主党出身のアメリカ大統領で​​す。 同氏の任期は今年(2024年)に終了し、11月に大統領選挙が行われる。

米国大統領の分野は少し異なります。 米国大統領に立候補したい人は、党員の支援を求めなければなりません。 投票は各都道府県で行われます。 選出された代議員は両党が主催する党大会に出席し、自党の大統領候補を選出する。

民主党からはジョー・バイデン現大統領、ディーン・フィリップス氏、マリアンヌ・ウィリアムソン氏が厳しい争いを繰り広げた。 しかし、ジョー・バイデンはより多くの支持を得た。 その後、再び民主党を代表して選挙に立候補する。

同様に、共和党のドナルド・トランプ氏、ニッキー・ヘイリー氏、ヴィヴェク・ラマサミー氏の間でも争いがあった。 ヴィヴェク・ラマサミ氏は州選挙での支持不足を理由に辞任した。 トランプ氏が選挙戦に参加していたとき、ヘイリー氏も支持が得られなかったため、土壇場で戦線を去った。 その結果、トランプ氏が党を代表して大統領候補として選挙に臨むことが決定した。

トランプ対バイデンの課題は何ですか? 、 ほとんどの調査ではトランプ氏がリードしている。 しかし、77歳のトランプ氏は大きな課題に直面している。 トランプ氏に対する刑事告訴は4件ある。 そのうちの誰かが彼に反対すれば、選挙の結果に大きな影響を与えると言われている。

同様に、インフレを制御することもできなかった。 経済への影響についても国民はバイデンに対して非常に不満を抱いているとも言われている。 しかし、トランプ氏とバイデン氏は世論調査を無視し、交代でテレビ討論会の生放送を要求している。 米国大統領選挙は 2024 年 11 月にありますが、選挙に関する熱はすでにそこから始まっています。

ジェミニ AI を警告… – インド政府がGemini AIの対応に反対しているため、Googleは世界中からの選挙関連の質問には答えないよう注意するよう命じられている。 したがって、ジェミニAIは、米国大統領選挙におけるジョー・バイデンとドナルド・トランプの対立について尋ねられ、「これらの課題を乗り越える方法をまだ学んでいます」と答えた。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here