Home 世界のニュース パキスタン国民のデータ侵害事件ナドラ センターパク国民270万人の個人データが盗まれた:国家身分証明書センターの調査により、データがドバイ経由でアルゼンチン・ルーマニアに販売されていたことが明らかになった。

パキスタン国民のデータ侵害事件ナドラ センターパク国民270万人の個人データが盗まれた:国家身分証明書センターの調査により、データがドバイ経由でアルゼンチン・ルーマニアに販売されていたことが明らかになった。

0
パキスタン国民のデータ侵害事件ナドラ センターパク国民270万人の個人データが盗まれた:国家身分証明書センターの調査により、データがドバイ経由でアルゼンチン・ルーマニアに販売されていたことが明らかになった。

イスラマバード/ラホール4分前

  • リンクをコピーする

パキスタンの国家データベース登録局(NADRA)センターから27万人の国民の個人データが盗まれた。 「ドーン・ニュース」の報道によると、内務省の合同調査チームがこの窃盗を暴露したという。

NADRA はパキスタン国民に身分証明書を発行しています。 これらはインドの Aadhaar カードに似ています。 報道によると、このデータは最初にドバイに送信されたという。 その後、アルゼンチンとルーマニアに派遣されました。 しかし、政府はこのことについて依然として沈黙を保っている。

内務省が調査を実施

  • 「Geo News」は内務省関係者の話として、この件に関する報道を掲載した。 問題発覚後、同省は合同調査チームを結成した。 これには連邦捜査局(FIA)と内務省の職員が関与していた。 チームはサイード・ワカルディンが率いていました。
  • 報告書によると、このデータ窃盗ゲームは2019年に始まり、2023年末まで続いたという。 この期間中に、約 270 万人のパキスタン国民のデータが盗まれました。 この作業は NADRA 職員の黙認がなければ不可能です。 この報告書はまた、NADRAが業務の一部を外部委託していたという疑惑を提起しており、別の会社がデータを販売した可能性があることを示唆している。
  • チームはこの件に関して詳細な報告書を作成した。 ほとんどの情報は機密として保管されます。 同庁は数日中に一部の警察官を呼び出して尋問する可能性があるとみられている。
「Geo News」は内務省関係者の話として、この件に関する報道を掲載した。 問題発覚後、同省は合同調査チームを結成した。  (ファイル)

「Geo News」は内務省関係者の話として、この件に関する報道を掲載した。 問題発覚後、同省は合同調査チームを結成した。 (ファイル)

3都市の人々を対象とする

  • 捜査機関の報告書によると、個人情報が盗まれた人のほとんどはムルタン、カラチ、ペシャワールの出身者だという。 これほど大規模にデータが盗まれているのであれば、政府高官が何をしていたのかという疑問が生じる。 彼らは、このデータが犯罪やテロに使用される可能性があることをある程度認識していなかったのでしょうか?
  • 報告書は、これらの数字の金銭の軌跡が明らかであることを示しています。 3 つの都市から盗まれたデータは、まずドバイに送られました。 その後、アルゼンチンとルーマニアに派遣されました。
  • 関係者によると、この問題が初めて発覚したのは2023年3月。 この後、内務省はこの問題の調査を開始した。 その後、いくつかの事実が明らかになった後、このための合同調査チームが結成されました。
  • Geo News によると、データが流出した人の中には陸軍とISIの職員も含まれているという。 このような状況の中で、この話題は非常にセンシティブになっています。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here