Home 日本のニュース レベルのないユニークな RPG

レベルのないユニークな RPG

0
レベルのないユニークな RPG

東京4月04日(国内ニュース) – 『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの始まり『I』から『VI』までを現代に巧みに再現した『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』シリーズが一堂に会して復活を遂げる。前シリーズと同様のクオリティで全6作品をお楽しみいただけます。

シリーズの革新的な第2作『FF2』は、新システムでファンを驚かせた。 前作から約1年後の1988年12月17日にファミリーコンピュータ(FC)用ソフトとして発売された『FF2』は、人気の高いファンタジー要素やRPG要素を備えた『FF1』とはシステムもストーリーも大きく異なり、ファンに衝撃を与えた。 まず、段位制度を廃止するという抜本的な制度改革が行われました。 当時、これは前例のないことであり、プレイヤーはこのアプローチに驚きました。 主人公が自己の延長であるという概念は薄れ、登場人物には緻密な設定が与えられ、「物語の主人公」としての役割が強調された。 ロールプレイング要素は軽減されているものの、プレイヤーはまるで映画を見ているかのように物語に没入することができる。 『FF2』は、映画的と表現された最初の『ファイナルファンタジー』ゲームだったと言えます。

熟練度に基づく成長システム 前述したように、このゲームではレベル制が廃止され、武器や魔法を使えば使うほど強くなる熟練度システムが導入されました。 各武器の種類と魔法には独自の熟練度があり、使用するにつれて個別に上昇します。 また、受けたダメージに応じて最大HPが増加するため、意図的に敵の攻撃を受けて強くなっていきます。 通常、味方を攻撃することもでき、最終的には自分の力を高めるために味方を攻撃する状況につながります。 奥深いアプローチでしたが、革新的な開発システムにより新鮮なゲーム体験を提供しました。

武器や防具の装備に制限はなく、どの武器で攻撃するか、どの魔法を使うかはプレイヤーの選択に任されている。 その結果、キャラクター育成に対する各プレイヤーのアプローチは大きく異なりました。 通常、フリオンは武器攻撃(主に剣)、マリアは魔法と弓、ガイは素手攻撃(または斧の使用)に重点を置きます。 私を含め、多くのプレイヤーがマリアにさまざまな魔法の責任を課し、少々カオスな展開になりました(笑)。

奥深い世界観とストーリー 『FF2』は、シリーズで初めてストーリーを重視したタイトルとしても有名です。 物語は帝国の侵略に対するレジスタンスに参加する4人の若者を中心に展開します。 4 人のヒーローには明確な名前と背景が与えられ (名前は変更可能ですが)、プレイヤーの投影ではなく物語の登場人物として描かれました。 このゲームには、賢者ミノー、僧侶ジョセフ、ゴードン王子、海賊リーラ、竜騎兵リッカードなどの魅力的なサポートキャラクターも登場し、物語を豊かにしました。

ミヌの悲劇 物語の戦争背景を考えれば、多くの人が戦死するのは必然だった。 中でもミヌの結末は忘れられない。 帝国と戦うために、彼はマケドニアの塔にあるウルティマの墓を探し求めた。 最上階に到達した彼女は、魔力を全て使って封印を解いたが、やがて魔力が尽きてしまう…皮肉なことに、肝心のアルテマ魔法はそれほど強力ではなかった。 武器攻撃の方がダメージが大きいので、魔法に頼る必要がありません。 そもそもなぜこれほど強力なキャラクターがそのような呪文のために自らを犠牲にするのか疑問に思ったプレイヤーも多いだろう。

ワードメモリーシステム 『FF2』の特徴であるワードメモリーシステムは、プレイヤーが会話の中から特定の言葉を「記憶」し、他のキャラクターにそれについて「質問」できる機能です。 有名なパスフレーズ「Wild Rose」は、このシステムを通じて学習した最初の単語の 1 つです。 このシステムでは、ストーリーを進めるだけでなく、特定の言葉に反応するキャラクターとのインタラクションも可能となり、物語を補完することができました。

『FF』らしさをさらに強化 独自のシステムを展開しながらも、魔法や武器、モンスターといった『FF』の本質的な要素は残されています。 さらに、シド(名前は『FF1』でのみ言及)が登場する最初のゲームでもありました。 今作では、ゲーム序盤から移動手段となる飛行船サービスをポフト市で運営している。 これは、CID と空挺部隊との間の切っても切れない関係の始まりを示しました。 そして、チョコボは『FF2』で初登場し、チョコボワンに登場し、軽快なテーマ曲とともに移動手段として活躍したことも忘れてはなりません。

『FF2』は、独自の新システムの導入と『FF』のアイデンティティの確立という2つの要素を達成し、シリーズの歴史を語る上で欠かせない作品となりました。 90年代のゲームとしてはやや難易度は高めですが、『Pixel Remaster』にはブーストモードも用意されているので、ぜひプレイしてみてください。

ソース: あげる

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here