Home 日本のニュース ロゴ論争で日本のエネルギー政策への外国介入の懸念が高まる

ロゴ論争で日本のエネルギー政策への外国介入の懸念が高まる

0
ロゴ論争で日本のエネルギー政策への外国介入の懸念が高まる

東京3月30日(日本関連ニュース) – 再生可能エネルギーを議論する内閣府の会議で提出された資料に中国国有企業のロゴが誤って含まれていたため、日本のエネルギー政策に対する外国の影響力の可能性について野党の懸念が生じた。そして役人たち。

閣内から「外国の干渉は避けるべきだ」と懸念の声

林泰正官房長官は「河野大臣の下、内閣府として中国政府からの不当な影響があったかどうか引き続き調査を行う」と述べた。

この問題は、再生可能エネルギー推進に向けたルール改正を焦点とする22日のオンライン会議で取り上げられた。

自然エネルギー財団の大林美香所長は「2023年は世界的に再生可能エネルギー拡大の転換点となる」と述べた。

専門家として会議に出席した大林組は、中国国有電力会社「中国国網網公司」のロゴが入った資料を使用した。

この追加は政府内で懸念を引き起こした。

高市早苗経済安全保障担当相は「政策議論に他国が介入することは容認できない」と強調した。

野党は国会でこの問題を取り上げた。

日本維新の会の尾辻拓参院議員は「なぜこの人が選ばれたのかなど、有識者の選考過程を徹底的に調査する必要がある」と疑問を呈した。

河野太郎規制改革担当相は「資料に企業ロゴが入っていたからといって特別な関係はない。徹底的に調査する必要がある」と述べた。

「単純な間違いです」とコンテンツのプレゼンターは言います。

27日にはコンテンツ責任者が会見を開き、「ロゴ論争」をめぐる状況を明らかにした。

大林氏は「これらの資料は中国の国力網の担当者が社内の研究会議で発表したもの。さまざまな概念を説明するための例の一つとして使用した」と説明した。

素材からロゴを取り除く努力にもかかわらず、見た目は軽くなったが、大林組はこれまでその細部が見落とされていたと認めた。

大林組は不作為を認め、過去にも外国資料への言及はあったが、今回の事件では誤って外国企業のロゴが表示されていたことを指摘し、懸念や誤解があったことを謝罪した。

大林組は「今回の事件は他国の影響や国のエネルギー政策の歪みとは一切関係がない」と断言した。

国民民主党の玉木氏は財団の指示に懸念を表明。

国民民主党の玉木雄一郎代表は、大林組を代表する財団の姿勢に懸念を表明した。

玉城氏は、単一の送電網を通じて日本を中国、ロシア、モンゴル、そしてアジア全域に接続するというビジョンを説明した。

「アジア・スーパーグリッド・プロジェクト」として知られるこの取り組みは、アジアのほぼ全域を送電線で接続し、太陽光、風力、水力などの自然エネルギーを国境を越えて相互接続できるようにすることを目的としている。

玉城氏は、「日本は原子力と火力エネルギーを放棄すべきだと言っている。電力不足が生じた場合、この送電網を通じて中国やロシアから電力を輸入すれば、エネルギーの負担はこれら諸国に課せられることになる」と警告した。増加。”

孫正義氏が設立した再生可能エネルギー財団について

大林組自然エネルギー財団は、東日本大震災後の2011年8月にソフトバンクグループCEOの孫正義氏によって設立された。

同財団のホームページには、自然エネルギー社会の構築を目指し、「再生可能エネルギーの普及による安心・安全で豊かな社会の実現」を使命としている。

しかし、玉城氏は26日、こうした絡み合いが他国に日本の運命を左右する可能性があると懸念を表明した。

同財団は2016年に「アジア・スーパーグリッド・プロジェクト」に沿った世界的な電力網の構築を目標とする国際機関の理事にも加わった。 この論争を受けて最近取締役を辞任したにもかかわらず、同社は資料にロゴが登場していた中国の国電網公司との密接な関係が調査されている。

専門家は「研究の公正性」の重要性を強調

中国は日本の再生可能エネルギー政策に影響を与えようとしているのか?

東京大学公共政策大学院の鈴木一人教授は「関係者が会見で述べているように、うっかりミスとみられる。中国が影響力を行使する意図があるのなら、そうするだろう」と示唆する。間違いを会社ロゴの透かしとして残さないことは明らかです。」

鈴木氏はまた、議論のために専門家を招集する際の研究の公正性の重要性を強調し、中国だけでなくあらゆる国からの外国影響力作戦を阻止するための制度的措置を検討すべきだと示唆した。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here