Home 世界のニュース ロシア、インド人旅行者7人を戦争に駆り立てる。 青年は105秒の動画をシェアして助けを求めた

ロシア、インド人旅行者7人を戦争に駆り立てる。 青年は105秒の動画をシェアして助けを求めた

0
ロシア、インド人旅行者7人を戦争に駆り立てる。 青年は105秒の動画をシェアして助けを求めた

パンジャブ州とハリヤナ州の一部の若者はロシアで足止めされており、政府に助けを求めている。 これらの若者たちは、ロシアによって欺瞞的に戦争を扇動されたと主張している。 若者たちは、ウクライナとの戦争を強いられていると主張している。 若者たちはフェイスブックで105秒の動画を共有し、政府に支援を求めた。

Xで若者が共有したビデオでは、彼らが軍服を着ているのが見られる。 彼はジャケットを着ており、頭には帽子をかぶっています。 彼らは暗くて汚い部屋に立って、閉められた窓を眺めています。 この中で6人が片側に立っていて、ハリアナ州カルナル出身の19歳のハーシュさんが状況を説明し助けを求めている。

入手した情報によると、この青年は12月27日にロシアへ向けて出発していた。 彼らは皆新年を祝うために出かけていました。 彼はロシアへの90日間の観光ビザを持っていた。 この後、彼はベラルーシに行く予定だった。 「エージェントが私たちをベラルーシに連れて行こうと申し出ました。私たちはビザが必要だとは知りませんでした。私たちが(ビザなしで)ベラルーシに行ったとき、エージェントは私たちにさらにお金を要求し、その後私たちを置き去りにしました。その後、警察は「私たちは」と言いました。 「彼らは逮捕され、ロシア当局に引き渡された。書類に署名させられた。今、彼らは我々にウクライナとの戦争をさせている」とハーシュ氏はビデオで主張した。

ハーシュさんの家族は、ハーシュさんも仕事を探していたと語った。 ロシアを経由すれば希望する国に移住しやすいと言われていた。 「息子は12月23日に海外へ行きました。仕事を探していました。しかし、ロシアで捕まり、パスポートを没収されました。息子は、ロシア軍が私たちを捕まえ、10年の懲役と強制徴兵をすると脅したと言いました」 。」 軍。 訓練中だと言っていた」と母親は告げた。 彼は息子を安全に帰国させるよう政府に訴えた。

一方、ハーシュ氏の兄は、ハーシュ氏は武器訓練を受け、ドネツク地方に配属されたと主張した。 彼は、今生きているかどうかを判断するのは難しいと述べ、政府に助けを求めている。

動画の2人目はガープリート・シンさんだと言われています。 彼の家族も助けを求めている。 弟のアムリット・シンさんは、「ベラルーシで署名した書類はロシア語だった。これにより彼は軍隊に入隊することになった。そこには、10年の懲役刑が科せられるか、さもなければロシア軍への参加を受け入れるか入隊するかのどちらかになる可能性があると書かれていた」と主張した。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here