Home 日本のニュース 一酸化炭素中毒治療に画期的な進歩?

一酸化炭素中毒治療に画期的な進歩?

0
一酸化炭素中毒治療に画期的な進歩?

京都, 2月26日(日本のニュース) – 綺麗じゃないですか? 同志社大学の北岸朗教授は、深紫色の物質が入ったフラスコの中で、前例のない治療薬を生み出す可能性のある実験を行っている。

「ものを作るときはワクワクするんです。 新しいものを作るのも、たくさんのものを作るのも、作るという行為自体が面白いんです」と学生の一人は北岸先生への憧れを語った。

北岸教授は救急医療を大きく前進させる可能性のある物質を発見したかもしれない。 これを血性といいます。 一酸化炭素やシアン化物などの有毒ガスを強力に吸着する性質があり、摂取すると有毒ガスの成分を吸着し、尿としてすべて排出します。 この特性により、ガス中毒の解毒剤としての使用に適しています。

最近の事件では、6人が心停止でこの病院に運ばれ、そのうち4人が死亡したが、明らかに一酸化炭素中毒だった。 建物火災による死亡原因で最も多いのは一酸化炭素中毒です。 2021年12月の北新地ビル放火殺人事件では、26人全員が一酸化炭素中毒で死亡した。 北岸教授はこの事件のニュースを複雑な思いで見ていた。 「その時はとても残念に思いました。 そうです、人は酸素を呼吸し、血液は体全体に酸素を運びます。 一酸化炭素中毒になると、体内に酸素を取り込むことができなくなり、血中の濃度が高いと数分から数十分で死亡することがあります。 しかし、今日の医療システムではそれを治療する方法はありません。 したがって、どれだけ早く反応できるかという時間との勝負です。」

北岸教授が開発したHemoCDは、一酸化炭素中毒の治療に効果が期待されています。 血液中のヘモグロビンに似た働きをすることから名付けられました。 止血のメカニズムは次のとおりです。 通常、血液中のヘモグロビンは体全体に酸素を運びます。 しかし、一酸化炭素は酸素よりもヘモグロビンと結合しやすいため、体全体への酸素の輸送が妨げられます。 HemoCDは一酸化炭素と結合しやすい性質を持っており、一酸化炭素を体外に除去し、尿として排泄されます。

HemoCD の有効性は実験で実証されています。 一酸化炭素で中毒させたラットに殺血剤を投与したところ、最初は歩くことができず無気力になっていたが、約30分後には歩き始めた。 さらに、約 2 時間後、マウスに投与された HemoCD はすべて尿中に排泄され、体内に化学物質が残っていないことがわかりました。 これは、HemoCD が火災現場で多くの命を救えることを示しています。

HemoCD は、実は北岸教授が取り組んでいた失敗した実験に由来しています。 人工血液を作る研究をしていた北岸教授は、人工血液をラットに投与すると、すぐに尿中に排泄され、陰性の結果が得られることを発見した。 「人工血液として使用したいのに、それがすべて尿中に出てしまうと、それは単なるネガティブな情報になってしまい、非常に残念でした。」 しかし、彼の長年の経験と鋭い観察により、小さな変化を無視することはできませんでした。 じっと見つめていると、少し赤くなっていることに気づきました。 いつも知っていたことですが、赤く見えました。 それで、少し調べてみようと思って調べてみたら、一酸化炭素と結合していることが分かりました。」

ソース: mbsニュース

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here