Home 日本のニュース 俳優が奈良の隠れ里を旅

俳優が奈良の隠れ里を旅

0
俳優が奈良の隠れ里を旅

ナラヤナン3月27日(日本のニュース) – 日本語吹き替え版でバズ・ライトイヤーを演じたことで有名な声優の鈴木亮平が、736年に創建された歴史ある奈良の長谷寺神社を訪れ、神社の精神的な重要性と芸術的な美しさを強調した。

399段の回廊を歩きながら、俳優は高さ10メートルを超える十一面観音像の足に触れ、静かに祈りながら、清らかで流れるような声明真言を注ぎ込まれた。 鈴木は、絵のように美しい長谷寺への畏敬の念を抱かせる旅行について熱心に語ります。

この訪問はJR東日本の春のキャンペーンの一環で、「奈良へ」シリーズの第5弾として「大和の寺院」というタイトルの新しい広告が掲載された。 鈴木さんは「旅のガイド」として、4月1日から民放放送が始まる奈良の長谷寺キャンパスを探索した。

撮影後に行われたインタビューで鈴木さんは「長谷寺は純粋にアートです! 知人から美しいお寺だと聞いていましたが、こんなに魅了されるとは思いませんでした」と驚きを隠せなかった。 彼は寺院の美しさに対する賞賛を明らかに共有しました。

長谷寺が“隠れた街”であることにちなみ、自身の“隠れた趣味”を問われた鈴木さんは「実は裁縫が好きなんです」と、裁縫を好きになった経緯を語った。 、

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here