Home 健康ニュース 健康ニュース ヨーロッパで発生したオウム熱とは何ですか、症状、治療法、予防策

健康ニュース ヨーロッパで発生したオウム熱とは何ですか、症状、治療法、予防策

0
健康ニュース ヨーロッパで発生したオウム熱とは何ですか、症状、治療法、予防策

オウム熱の発生: ヨーロッパでのオウム熱による死亡は、世界中に懸念の雰囲気を引き起こしています。 これまでにこの病気により5人が死亡した。 この病気の患者数は急速に増加しています。 世界保健機関は注意するよう警告しています。 オウム熱はオウム病とも呼ばれます。 ヨーロッパ諸国の人々はこの病気に罹患しています。 この病気は2023年からヨーロッパで蔓延し始めました。 WHOの発表によると、これまでにこの病気により5人が死亡した。

報告書によると、昨年、つまり2023年にはドイツで14件、オーストリアで14件のオウム熱の症例が発見されました。 オーストリアでは今年4件の感染者が発生した。 今年2月までにデンマークではこれまでに23件の感染者が報告されている。 オランダでも21人の患者が見つかった。

オウム熱とは何ですか?
オウム熱は、クラミジア菌の感染によって引き起こされる感染症です。 この細菌はオウムを含む多くの鳥に感染し、鳥を介して人間にも感染します。 興味深いことに、この病気の影響は、罹患した鳥には見られません。

米国の保健機関疾病管理予防センターによると、この感染症は感染した鳥やその糞便に人が接触すると広がるという。 感染した鳥が空気を吐き出す場所に人間がいる場合にも感染が広がる可能性があります。 ただし、感染した鳥を食べることによって病気が広がることはありません。

オウム熱は人から人へ伝染する可能性があります。 しかし、そのようなケースは稀です。 世界保健機関によると、オウム熱のほとんどの症例は、屋内で飼われている感染した鳥から発生します。

誰がより大きなリスクにさらされているのでしょうか?
これは人獣共通感染症であり、最初は鳥で広がり、人にも感染する可能性があります。 専門家らは、この病気は鳥の羽を介して広がる可能性があると述べている。 したがって、注意が必要です。 鳥の取引者や鳥の飼育者は、この病気の危険に最もさらされています。 これとは別に、養鶏業者や動物愛好家も危険にさらされています。

オウム熱の症状は?
オウム熱の症状は、感染後 5 ~ 14 日以内に現れ始めます。 この病気の症状には、頭痛、空咳、発熱、嗄れ声などがあります。 この病気は抗生物質で治療されます。 この病気による死亡はまれです。

この病気を避けるにはどうすればよいでしょうか?
世界保健機関は、この病気の症例がさらに多く見つかっている国では注意を払うよう指示しています。 鳥を飼っている人は、ケージを掃除し、混雑した場所でペットを飼わないようにすることをお勧めします。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here