Home 健康ニュース 健康: コレステロールをいつチェックし、どのように管理すればよいですか? 知っておいてください – マラーティー語ニュース | コレステロール検査はいつ行うべきですか? コレステロールを管理するにはどうすればよいですか? 最新のマラーティー語の健康ニュース。

健康: コレステロールをいつチェックし、どのように管理すればよいですか? 知っておいてください – マラーティー語ニュース | コレステロール検査はいつ行うべきですか? コレステロールを管理するにはどうすればよいですか? 最新のマラーティー語の健康ニュース。

0
健康: コレステロールをいつチェックし、どのように管理すればよいですか? 知っておいてください – マラーティー語ニュース | コレステロール検査はいつ行うべきですか? コレステロールを管理するにはどうすればよいですか? 最新のマラーティー語の健康ニュース。

ムンバイ: コレステロールは、細胞膜の形成、ホルモンの生成、脂溶性ビタミンの消化を助ける脂肪質のワックス状物質です。 コレステロールには、低密度リポタンパク質 (LDL) と高密度リポタンパク質 (HDL) の 2 つの主なタイプがあります。 この情報は、ニューバーグ・アジェイ・シャー研究所のマネージング・ディレクターであるアジェイ・シャー博士によって提供されました。

LDL コレステロール値が高いと、動脈内にプラークが蓄積し、アテローム性動脈硬化症や心臓病のリスクが高まります。 そのため、HDL コレステロール、つまり「善玉コレステロール」は、コレステロールを細胞から肝臓に運び、排泄します。 HDL コレステロール値は、心臓病のリスク低下と関連しています。

コレステロール検査とレベルを理解する

コレステロール検査または脂質パネルは、コレステロールとトリグリセリドのレベルを測定する血液検査です。 高コレステロールは心臓病のリスクを高めるため、心臓の健康状態を評価することが重要です。 成人は20歳で初めて検査を受け、その後は定期的に検査を受ける必要があります。 ただし、肥満、糖尿病、心臓病の家族歴などの危険因子がある人は、より頻繁なスクリーニングが必要になる場合があります。 定期的なコレステロール検査による健康的なライフスタイルは、問題の早期発見と治療に役立ち、心血管合併症のリスクを軽減します。

血中コレステロールレベルは、ミリグラム/デシリットル (mg/dL) で測定されます。 米国心臓協会は、コレステロール値を 200 mg/dL 未満に保つことを推奨しています。 ただし、LDL コレステロールと HDL コレステロールのバランスも同様に重要です。

LDL コレステロールの場合、100 mg/dL 未満のレベルが理想的なレベルと考えられます。 100 ~ 129 mg/dL のレベルは正常とみなされますが、130 ~ 159 mg/dL は境界線が高いと考えられます。 160 mg/dL を超えるレベルは高コレステロールであり、治療が必要です。

心臓と血管を保護するには、HDL コレステロール値を 60 mg/dL 以上に保つ必要があります。 40 ~ 59 mg/dL のレベルは許容できると考えられますが、40 mg/dL 未満のレベルは低いとみなされ、心臓病のリスクが増加する可能性があります。

健康なコレステロール値を維持する

健康的なライフスタイルはコレステロール値の制御に重要な役割を果たします。 定期的な運動、果物、野菜、全粒穀物、脂肪の少ないタンパク質を豊富に含むバランスの取れた食事、そして飽和脂肪やトランス脂肪を避けることは、健康なコレステロール値を維持するのに役立ちます。 ライフスタイルの変更だけでは不十分な場合、医師はスタチンなどの薬剤を推奨する場合があります。

コレステロール値を理解することは、心臓の健康を維持し、心臓病を予防するために不可欠です。 健康的なライフスタイルを採用し、定期的な健康診断でコレステロール値を常に監視することで、心臓の健康な寿命を延ばすための積極的な措置を講じることができます。 コレステロールに関しては、知識は力であり、健康な未来への鍵となる可能性があることを忘れないでください。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here