Home 日本のニュース 北朝鮮の目的は何ですか? 最近のミサイル発射の分析

北朝鮮の目的は何ですか? 最近のミサイル発射の分析

0
北朝鮮の目的は何ですか? 最近のミサイル発射の分析

東京2月19日(日本のニュース) – 北朝鮮は1月末以来、新型対艦巡航ミサイルを含む3種類の対地攻撃巡航ミサイルを連続発射した。

1月30日に発射された戦略巡航ミサイル「ファサル2」は、北朝鮮メディアによって実験ではなく「訓練」として報じられ、すでに部隊への配備が始まっていることが示唆された。

韓国メディアは、「ファサル2号」は1500~2000キロの距離、高度30メートル未満を飛行し、レーダーによる探知が困難だったと報じた。 フジテレビ解説委員の能勢昇氏は、「地球は丸いので、高度30メートル未満では飛行の大部分が地平線から隠れ、地上レーダーや海洋レーダーに探知されにくくなります。 1,500メートル 2,000キロメートルまで届き、日本のほぼ全土に届きます。」

北朝鮮はこれまでに、「ファサル2号」に戦術核弾頭「ボルケーノ31」を搭載する計画を示していた。 1月28日には潜水艦発射戦略巡航ミサイル「プルバサール3-31」の発射実験を行い、2時間以上飛行した。 「水中発射巡航ミサイルは『プルワスル-3-31』と名付けられた。『プル』は韓国語で火を意味し、プルワスル-31核弾頭を示唆している」とクノズ氏は述べた。

日本は海と陸の両面から北朝鮮の脅威に対抗している。 米海軍は、洋上で低空飛行する巡航ミサイルを早期警戒機で探知・迎撃し、そのデータをイージス艦に中継する方法を確立した。 海上自衛隊は、「まや」型護衛艦2隻に米海軍イージス艦とデータを共有する端末を搭載し、地上配備型迎撃システム「PAC-3」とネットワーク化して巡航ミサイル迎撃を目指しています。

日本の動きに呼応して、北朝鮮は、日本が3月に反撃能力の一環として非核巡航ミサイル「トマホーク」の運用訓練を開始する計画を明らかにした翌日、金与正氏がこの可能性を示唆する声明を発表した。 。 岸田首相の平壌訪問。

日本と北朝鮮の間では対立が続いており、緊張と抵抗が続いている。

ソース: ふん

https://www.youtube.com/watch?v=3QsPA9bY3zc

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here