Home 日本のニュース 医師の長年の職に代わるという課題

医師の長年の職に代わるという課題

0
医師の長年の職に代わるという課題

東京, 3月26日(日本のニュース)-来月から始まる「医師の働き方改革」で、医師の時間外勤務制限が導入される。 ただし、夜勤に費やした時間は労働時間としてカウントされないという問題があり、これらの変更の有効性について疑問が生じています。

さいたま市の総合病院の消化器内科医、市原耕一郎さん(45)は午前9時前に始業し、患者の診察に直行する。

「内視鏡検査の予約を入れたいと思っています」と市原医師は言う。市原医師は研修医の指導や緊急時の対応も行う。

市原医師は、到着した瞬間から、外来診療、救急患者、内視鏡検査などで、勤務が終了する午後 5 時 30 分まで忙しく過ごしますが、それでも 1 日は終わりません。 彼は徹夜勤務を開始し、それは翌朝まで続きます。

夜勤中は、可能な限り食事や昼寝を減らし、救急患者のケアや容態急変患者の入院に対応する。

市原医師は、「徹夜勤務の後は、一日中仕事をして帰宅します。睡眠不足はミスにつながるので、あまり複雑な治療や処置は避けるようにしています。」

興味深いことに、病院は「夜間オンコール許可」を取得しているため、これらの夜間時間は正式には労働時間とみなされません。

来月、医師の時間外労働と休日労働を年間最大960時間に制限する規則が導入されるため、これらの許可を求める病院が増えている。

「宿直であっても患者のケアに費やす時間は労働時間としてカウントされることは理解しています。しかし、960時間の制限内に収めるための戦略はあります」と藤岡院長は語る。

医師の仕事量を大幅に減らすため、病院は医療記録の入力を担当する事務スタッフや手術中に人工呼吸器を調整する看護師など、訓練を受けた他の専門家への「仕事のシフト」も進めている。

「医師として、健康を守るためには労働時間を制限することが重要です」と市原医師は言う。

医師の労働問題を専門とする荒木裕子弁護士などの専門家は、夜間のオンコール許可を厳格に施行すべきだと主張している。 「労働基準監督署は、実際の労働条件が夜間オンコール許可の基準を満たしているか徹底的に調査すべきだ。労働時間を削減しなければ、働き方改善という現実的な目標を達成するのは難しいだろう。」

医師の健康と患者の安全の両方を守るために、効果的な改革が求められています。

ソース: TBS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here