Home 日本のニュース 千葉沿岸で地震多発

千葉沿岸で地震多発

0
千葉沿岸で地震多発

東京3月02日(日本のニュース) – 2月27日火曜日から千葉東部沖で連続地震が発生し、震度1以上の余震が16回発生した。

気象庁によると、先月27日午前0時から千葉東部沖で地震が続いている。 3月1日午前11時現在、震度1以​​上の地震は16回発生している。

このうち、金曜日午前5時43分ごろ発生したマグニチュード5.2の地震は、千葉県桃源市と市原市で観測されたほか、さいたま市でも震度4を観測した。 また、先月29日午後6時35分ごろ、千葉県近江白里市で震度4の地震が観測されました。

気象庁によると、千葉県東部沖ではマグニチュード5程度の地震が断続的に発生し、1週間から数カ月間地震活動が活発になる可能性がある。 1996年、2002年、2007年、2011年、2014年、2018年に重大な地震活動が発生しており、そのうちのいくつかは震度5未満でした。

気象庁担当者は「今回の地震活動が大地震を引き起こすかどうかは分からない」としているが、引き続き状況を注視していく。

また、今後も強い揺れを伴う地震が発生する可能性があることから、気象庁は家具の固定など地震への備えを確認するよう住民に呼び掛けている。

ソース: ダイテレニュース

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here