Home 日本のニュース 卒業生の奨学金返済を免除する新たな奨励金

卒業生の奨学金返済を免除する新たな奨励金

0
卒業生の奨学金返済を免除する新たな奨励金

東京3月19日 【日本のニュース】深刻な教員不足に対応するため、文部科学省は、教員不足者に対する奨学金の返還免除措置を決定した。先生がいる。 新年度採用試験の合格者をはじめ、教育学研究科等の大学院における実務研修を修了した者。

文部科学省は19日に開かれた中央教育審議会分科会で奨学金返還免除に関する方針案を示した。 草案は、教師不足に対処するには「教職の進歩」と「志願者数の拡大」の両方が必要であり、質と量に重点を置いていると強調した。 免除の対象は主に教育大学院修了者だが、他の大学院で学校現場での実習を修了した者も対象となると付け加えた。 免除は新年度の採用試験から実施され、国公私立学校の教員として正規雇用される場合は、学部在学中に借りた奨学金の返還が免除される。

委員からは、今後の検討課題として、返還免除の効果を見極め、地域ごとに異なる採用試験の競争率を考慮する必要があることや、講師職から定期的に異動する者についても免除対象の拡大を検討する必要があることなどが挙げられた。 教育ポスト。 しかし、方針案は全会一致で決定された。 会合では、教員となる卒業生もこの対象に含めるべきとの提案も出され、さらに検討することで合意した。 決定後、文科省は新年度の採用試験までに具体的な条件を整理し、関係大学院や地方教育委員会などに周知する。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here