Home 世界のニュース 南アジアの平和。 パキスタン vs インドムニル・アクラム国連会議 | 朴大統領は、「インドは武器を取っている。南アジアへの脅威だ。突然我々を攻撃する可能性がある。行動がとられなければ破壊が起こるだろう」と語った。

南アジアの平和。 パキスタン vs インドムニル・アクラム国連会議 | 朴大統領は、「インドは武器を取っている。南アジアへの脅威だ。突然我々を攻撃する可能性がある。行動がとられなければ破壊が起こるだろう」と語った。

0
南アジアの平和。 パキスタン vs インドムニル・アクラム国連会議 | 朴大統領は、「インドは武器を取っている。南アジアへの脅威だ。突然我々を攻撃する可能性がある。行動がとられなければ破壊が起こるだろう」と語った。

3分前

  • リンクをコピーする

パキスタンは火曜日、インドが武器を備蓄し、南アジアの平和を混乱させていると非難した。 パキスタンは国連(国連)委員会の会合で、「南アジア最大の国は現在、大規模な兵器生産を行っている。これは地域の安全に対する脅威だ」と述べた。

パキスタン代表のムニル・アクラム氏は、インドが国連で突然同氏を攻撃するかもしれないと懸念を表明した。 アクラム氏は「インドはコールドスタートのような戦闘戦術を採用しており、パキスタンへの奇襲攻撃のリスクが高まっている」と述べた。

実際、コールドスタート戦略とは、戦争が起こった場合の核攻撃に備えて軍隊を準備することを意味します。 アクラム氏はさらに、現在インドは武器調達の最前線に立っていると述べた。 多くの国がミサイル、核兵器、兵器を提供しています。

国連委員会のパキスタン代表ムニル・アクラム氏は、インドからの武器購入に懸念を表明した。

国連委員会のパキスタン代表ムニル・アクラム氏は、インドからの武器購入に懸念を表明した。

「インドはパキスタンに対するテロを推進している」

ムニル氏はまた、インドはパキスタンに対するテロを継続的に推進しているとも述べた。 この問題に関して国際レベルで何の行動も取られなかったため、状況はさらに悪化した。 ムニル氏は「国際社会が適切な行動をとらなければ、世界的な大惨事につながる可能性がある」と述べた。

パキスタン代表はインドの名前は挙げず、「南アジアは20年前に核軍縮を約束されていた。それにもかかわらず、ある国(インド)が核兵器実験を行った。そのため、我々も核兵器を受け入れざるを得なくなった」と述べた。

パキスタン「カシミール人は権利を剥奪されている」

ムニル・アクラム外相はジャンムー・カシミール問題について、「何十年も続いているこの紛争のため、両軍は非常に接近して配置されている」と述べた。 彼らは凶器を所持しており、そのために地域の治安状況は悪化している。 人々の権利は侵害されており、カシミールは占領され続けています。

パキスタン代表によるこの声明は、国連危険兵器補助委員会がパキスタンのウスマン・ジャドゥンを今年の委員長に任命したタイミングで行われた。 彼らの3週間のセッションは月曜日から始まりました。

一方、パキスタン新政府の閣僚らはインドとの関係改善に関する発言を続けている。 パキスタンのカワジャ・アシフ国防大臣は火曜日、インドのロク・サバ州選挙後に両国関係は改善することが期待されると述べた。 3月23日、イシャク・ダール外相は、パキスタンのビジネス界はインドとの貿易を回復したいと考えていると述べた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here