Home 日本のニュース 地価の高騰で家族連れが東京から郊外へ追いやられている

地価の高騰で家族連れが東京から郊外へ追いやられている

0
地価の高騰で家族連れが東京から郊外へ追いやられている

東京3月27日(日本のニュース) – 日本の首都で住宅価格が上昇し続ける中、「東京流出」として知られる現象により、子供連れの家族が東京から神奈川、埼玉、千葉など近隣の県に移住している。 。

過去1年間の東京からの転出超過は1万7000人を超えており、内閣府は「子守世代が住宅価格の安い首都圏郊外に移住していることを示唆している」としている。

総務省の「人口動態報告」に基づき、東京都と神奈川県、埼玉県、千葉県の人口移動を年齢別に分析したところ、東京都は20歳未満の純流入があったものの、では、子守り世代とされる30代から40代と14歳未満の子どもの純流出があり、合計1万7102人となった。 分析によると、東京都からの転出超過が最も多かったのは埼玉県の8,086人で、次いで千葉県の4,557人、神奈川県の4,459人となった。 特に2020年頃からその傾向が顕著で、内閣府は今年2月に発表した経済報告で「都内のファミリー層向けの賃貸・マンション価格は着実に上昇しており、子育て世代の社会進出が進んでいる」と報告している。 」 さらに、「子育て世代が住宅を購入する余裕がなければ、長期的な雇用と出生率の低下につながる可能性がある」として、「政策を提言」した。子育て世代の住まいを確保するには、公営住宅の供給拡充などが必要です。」

東京では手頃な価格の住宅が見つからず、家族は郊外に移住

子育て世代の中には、都内では手頃な住宅が見つからず、郊外への移住を決意する人もいる。 その一例が、東京の社宅に住む40歳と30歳の夫婦です。 彼女は6歳の娘が小学校に入学する前の1年前から、東京23区内で家族4人が住める物件を探し始めた。 しかし、マンションの価格は高騰しており、予算7,000万円以内では物件が見つからなかった。 都内の賃貸物件も検討しましたが、ファミリー向けの物件が少なく、家賃も高止まりしたため断念し、通勤時間や学業のことを考えて、最終的には千葉県習志野市の一戸建てに落ち着きました。賃貸アパートに入る。 環境 3月下旬に東京の社宅を引っ越した。 習志野市でも新築マンションは8,000万円以上するため、夫婦は予算に合う物件を探しながら賃貸に住み続けることにした。 30歳の妻は「習志野市の物件を10件以上見たが、東京に比べてあまりお手頃とは思えず、時間がなく現在仮住まいしている」と話していました。家探しを続けると思うと少し気が滅入りますが、気持ちを切り替えて前向きに新生活をスタートさせたいと思っています。」

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here