Home 日本のニュース 地震から3か月: 数千人が依然として水不足

地震から3か月: 数千人が依然として水不足

0
地震から3か月: 数千人が依然として水不足

石川3月31日(日本のニュース)―震災関係者を含む244人が犠牲となった4月1日の能登半島地震から3カ月が経過した。

石川県では今も8109人が避難しており、珠洲市など4市町の約7860戸が水不足に直面している。 完全復旧のスケジュールはいまだ不透明であり、被災地域の新会計年度においても災害は深い傷跡を残している。 復興と生活再建の加速が大きな課題として浮上している。

ソース: なぜ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here