Home 日本のニュース 型破りな報告書が教授に挑戦し続ける

型破りな報告書が教授に挑戦し続ける

0
型破りな報告書が教授に挑戦し続ける

京都, 3月03日(日本のニュース) – このようなレポートを提出したことがありますか? 全部食べないと読めないフォーチュンクッキーの中に隠されたレポート、鳩の形をした木彫りの「クルックちゃん」の足に括り付けられたレポート、筒の中に隠されたレポート、読めないレポート赤外線をまったく使用せずに読み取ることができます。

これらの報告は本物です。

受賞者は京都市立芸術大学の田島達也教授です。 毎年、学生たちに手紙の形でレポートを書く課題を課しているが、さすが芸術系大学の学生、さらにレベルアップしたものだ。

京都市立芸術大学の田島達也教授は「報告書は手紙の形であれば大丈夫と言ったが、『押し付けるな、押し付けるな』と言われているようだ」と話す。それは増やさないでください…」

4年前に陶板で作成したレポートを配布して以来、創造性が高まっています。

2024 年、メソポタミア文明の 5,000 年前の楔形文字を使用した粘土板に関する最も挑戦的な報告が行われました。 内容を理解するのに1時間くらいかかりました…

京都市立芸術大学の田島達也教授は「高校時代に読んだ漫画の話で、見た目と内容のギャップがすごかった」と話した。

教授は将来、これらの報告書を美術展で展示したいと考えている。

ソース: ふん

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here