Home 健康ニュース 夏になると手のひらが腫れる場合は、これらの家庭療法を試してください。

夏になると手のひらが腫れる場合は、これらの家庭療法を試してください。

0
夏になると手のひらが腫れる場合は、これらの家庭療法を試してください。

足の裏の灼熱感: 夏になると足裏のトラブルが多くなります。 この問題は、特に糖尿病患者や月経中の女性に発生します。 胃の熱や過剰な薬の摂取によってこの症状が起こる人もいます。 手や足の灼熱感にも悩まされている場合は、いくつかの家庭療法でそれを取り除くことができます。 手や足の裏の腫れがひどい場合は、この治療法を試してください。

手や足の裏に腫れがある場合は、アロエベラジェルが最適な解決策と考えられています。 アロエベラに含まれる抗炎症作用は、手のひらの炎症を冷まして鎮めます。 さらに、抗菌性と抗真菌性により、足の症状を軽減します。 一部の皮膚疾患も治ります。 同時に、アロエベラの保湿特性が皮膚の炎症を防ぎます。 さらに、頻繁に起こる乾燥肌の問題も解消します。

アロエベラジェルを手のひらに2分間塗布します

足の裏に灼熱感がある場合は、まず足の裏をよく洗い、アロエベラジェルとレモンを混ぜたものを足の裏に2分間塗ります。 これにより、足の灼熱感がすぐに止まります。 必要に応じて、この混合物を一晩足の上に置いておくこともできます。 これにより、足の灼熱感が和らげられます。

アロエベラとサンダルウッドのペースト

足の裏に過度の腫れがある場合は、アロエベラとビャクダンのペーストを塗ることもできます。 どちらも冷却効果があります。 アロエベラとサンダルウッドのペーストを作り、足にしばらく塗っておくとよいでしょう。 その後、冷水で足を洗います。 このペーストを毎日塗ると、足のむくみが完全に消えます。

足の裏の灼熱感を防ぐための家庭療法

– 足を氷水にしばらく浸してください。

– リンゴ酢を使用する

– ジンジャーオイルで足をマッサージすると、大きな痛みが軽減されます。

– アロエベラジェルとココナッツオイルに樟脳を混ぜ、このペーストを足の裏に塗ります。

足の裏に常に灼熱感がある場合…

足の裏に常に灼熱感がある場合は、無視しないでください。 ビタミンB12の欠乏も足のむくみを引き起こす可能性があります。 ビタミンB12が不足すると足の神経も弱ってしまいます。 このような状況では、手のひらの灼熱感、立位時の痛み、脚の痛み、静脈周囲のかゆみなどの主な症状が見られます。

ビタミンB12が少ない場合はどうすればよいですか?

ビタミンB12が欠乏している場合は、牛乳、乳製品、アーモンド、リンゴ、バナナ、発芽穀物、トマト、卵、魚などを食事に取り入れてください。

(免責事項: ここに記載されている情報は一般的な情報に基づいています。ZEE 24 TAAS はこれを支持しません。)


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here