Home 健康ニュース 夏にソフトドリンクを飲むのは危険ですか? 健康への悪影響、専門家の意見を知る

夏にソフトドリンクを飲むのは危険ですか? 健康への悪影響、専門家の意見を知る

0
夏にソフトドリンクを飲むのは危険ですか? 健康への悪影響、専門家の意見を知る

マラーティー語の副作用ソフトドリンクニュース: 夏は脱水症状のリスクが高くなります。 夏に起こりやすいのが脱水症状です。 この問題は、あらゆる年齢層の人に起こる可能性があります。 脱水症状は、時間内に治療しないと致命的になる可能性があります。 したがって、健康専門家は、夏場の脱水症状を避けるために十分な水を飲むことを推奨しています。

喉が乾いたときにクロドリンガを飲む人もいます。 これは身体にとっても同様に危険である可能性があります。 この流行は特に若者の間で見られます。 ソフトドリンクを飲みすぎると、2 型糖尿病、体重増加、その他の問題を引き起こす可能性があります。 また、個々のインスリンと炭水化物の代謝も妨げます。 研究によると、砂糖入りの飲み物を毎日飲むと体重増加につながることがわかっています。 これに対する解決策として、健康専門家は、健康上の理由から、夏にはこれらのソフトドリンクの代わりに、昔ながらの自家製飲料を優先するようアドバイスしています。

これらの病気のリスク

冷たい飲み物にはより多くの化学物質が含まれています。 健康専門家らは、その結果、肝臓が損傷を受ける可能性があると述べている。 これとは別に、糖尿病を伴う心臓病の可能性もあります。 ソフトドリンクやダイエットソーダに含まれる糖分やその他の成分は健康に有害です。 冷たい飲み物を飲みすぎると体重が増加する可能性があります。 カロリーが多く含まれているからです。

これとは別に、250〜300 mlの冷たい飲み物には150〜200カロリーが含まれており、体重増加につながる可能性があります。 糖尿病、血圧、心臓病の可能性があります。 人々は毎日冷たい飲み物を飲みますが、それに含まれるリン酸のせいで消化器系が損なわれてしまいます。 食物の消化に使用される成分の 1 つはカリウムを生成する塩酸です。 ソフトドリンクに含まれる化学物質が酸と結合すると、代謝に悪影響を及ぼします。

汚染された氷による健康被害

E. 汚染された雪の中。 大腸菌ウイルスは腹痛、下痢、胃腸炎、腸チフス、過多月経、嘔吐、下痢などの病気を引き起こします。 さらに、角氷に含まれる有色カリは疾患や皮膚疾患のリスクを高め、腸感染症を引き起こす可能性もあります。 冷たい水やソフトドリンク、アイスボール、シャーベットを飲む傾向が増えています。 しかし、それに使用される氷は、それが作られる水とその潜在的な健康への影響を考慮せずに、性急に使用されています。 そのため、健康専門家らは夏場の屋台での飲み物の摂取を控えるべきだと訴えている。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here