Home 日本のニュース 外科医の折り紙「神技」が話題に

外科医の折り紙「神技」が話題に

0
外科医の折り紙「神技」が話題に

東京, 2月22日(日本のニュース) – 細い棒を使って折り鶴が作られました。 先端はピンで留められ、丁寧に折り目をつけられます。 その結果、ロボットのような正確さで組み立てられた折り鶴が完成しました…付属のビデオは 900 万回視聴されました!

動画を投稿したのは、現役消化器外科医の橋本洋一医師。

研修の一環として、腹腔鏡手術の器具を使って7.5センチ四方の折り紙を折る。

ソーシャルメディア上では、この動画はたちまち900万回以上再生され、「手で折るより早くてきれい」「神技術!」などのコメントが寄せられた。 このようなコメントも含まれていました。

橋本医師は、技能検定試験で鉗子の扱いが悪いと指摘されたことをきっかけにこの練習を始めた。 「どうやって扱おうかと考えていたところ、クレーンを回すビデオを見ました」と彼は言います。

12年前に始めた時は1時間以上かかったが、現在は手回しのスピードを抑えて1分52秒の日本最速記録がある。

彼はこれまでに14,000羽以上の鶴を回転させてきました。

手術では使わない動きなので賛否両論あるが、橋本医師は「右手と左手で同時に違うことができる。予期せぬ出来事が起きたときに瞬時に手が動くようになる」と話す。

この折り紙の「神技術」が患者を救うことに貢献していることは確かなようだ。

ソース: ふん

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here