Home 日本のニュース 大阪の公立高校は私立に押されて苦戦している。

大阪の公立高校は私立に押されて苦戦している。

0
大阪の公立高校は私立に押されて苦戦している。

大阪3月20日(日本のニュース) ・私学授業料補助により、大阪府内で公立高校の低入学者が急増している。

今年の大阪府公立高校入試の志願者数は昨年より約2400人減り、計約3万6400人となった。 昨年1.13倍だった平均競争率は、今年は1.05倍と大幅に低下した。

いわゆる学力高校が高い競争率を維持する一方、一般学力高校の定員割れは75校中32校と、昨年(78校中14校)の2倍以上に増加した。 その理由として考えられるのが「私学就学支援金」の効果です。 大阪府は来年度から高校授業料全額補助を段階的に導入し、私立高校の人気が高まるとみられる。

大阪府の条例により、3年連続で入学者数が少ない高校は統廃合の対象となる場合がある。

こうした状況について、吉村洋文知事は「公私立学校が競争し、切磋琢磨していくことがますます必要になっている。公立学校がより良い教育を目指すことが重要。全体としては良い方向に向かっていると思う」と述べた。 、

ソース: MBS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here