Home 日本のニュース 子どもの水筒が汚染された後の緊急会議

子どもの水筒が汚染された後の緊急会議

0
子どもの水筒が汚染された後の緊急会議

東京3月19日 【日本のニュース】生徒が自宅から持ち出した水筒が見つかるという不可解な事件を受け、月曜日午後、東京・杉並区役所で公立小中学校と区立小中学校の代表者が参加する緊急会議が開かれた。保育園も含まれていました。 その中から「異常な」物質が発見された。

杉並区の白石隆教育長は「皆さんもご存じのとおり、小学校で生徒の水筒から異物が見つかる事件があった」と話した。

杉並区内での事件は2件目。

3月14日午前11時半ごろ、桃井第四小学校の教室で児童が異変に気づいた。 その日、子どもは初めて水筒の中身を飲んだとき、普通の水ではないことに気づき、すぐに吐き出しました。

児童に健康上の問題はなかったが、学校は警視庁に相談した。

同校は先週末、保護者会を開き、先月杉並区でも同様の事件があったにもかかわらず、多大なご心配をおかけしたことを謝罪した。

学校の報告によると、机の横には水の入ったボトルが吊るされており、教室には人がいないこともあったという。 学校側はこの事件はいじめによって引き起こされたものではないと考えているが、保護者が大人の加害者である可能性を疑問視すると、学校側は「あなたが言った通り、その日学校にいた全員が、大人も子供も含めて疑われている。我々はそれを望んでいる」と答えた。調査し、回復に向けて取り組む」と述べた。

同校は外部からの侵入の可能性について「防犯カメラに不審者は映っていないが、侵入しようとする者がいれば可能性はあり、侵入の可能性については懸念していない」としている。否定できないよ。」 、

同校は春休みまで水筒の持ち込みを禁止した。

同校の児童の保護者は「何かがあってからでは遅いので、心配しないとは言えない。担任が水筒をすべて管理してくれれば安心かもしれないが、」と話した。先生のご負担になるかも知れません。」

2月には約3キロ離れた杉並区の小学校でも同様の事件が起きた。

学期末と進級を目前に、衝撃的な事件が起きた。

警視庁は防犯カメラの映像を解析する予定だ。

ソース: ふん

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here