Home 日本のニュース 学校の健康診断では服を脱ぐ必要がありますか?

学校の健康診断では服を脱ぐ必要がありますか?

0
学校の健康診断では服を脱ぐ必要がありますか?

東京3月29日 【日本のニュース】新年度を迎え、自治体による「学校健康診断」の実施方法にばらつきがあり、その妥当性が疑問視されている。

小学生から高校生までの12年間、上半身裸で学校の健康診断を受けた女性が体験談を語る。 なぜ衣服を脱ぐ必要があるのか​​明確な説明は受けず、病気を調べるためだと信じて不便を我慢していた、と述べた。 京都・長岡京市にある彼女の学校では今も原則として「上半身脱衣」が義務付けられている。

子どもたちに安全な健康検査を提供することを目的とした団体の副会長、井川雅史氏によると、多くの子どもたちは、たとえ医師であっても、他人の前で裸体をさらすことに非常に抵抗があるという。 彼らはプライバシーを十分に尊重しながら正確な診断を保証する健康診断を提唱しています。

学校の内科検診では、聴診器で胸の音を聞くほか、側弯症などの症状の有無や皮膚の検査も行います。 ただし、検査が衣類に基づいている場合、精度が損なわれる可能性があり、自治体ごとに衣類の脱ぎ捨てに関する慣行が異なることにつながります。

文部科学省は1月、受験生のプライバシーや感情を優先し、可能な限り着衣で試験を行うよう各自治体に通知した。これがプロセスを妨げないようにする必要があります。 、

それにもかかわらず、長岡京市は正確な診断には脱衣が必要だと主張している。 彼らは着衣検査を選択肢として認めることは検討しておらず、子供の健康と命の安全のために病気の発見における不注意を防ぐ必要性を強調している。

特にソーシャルメディアが主流の時代においては、健康診断の際に撮影された画像が悪用されたり、犯罪に利用される可能性を懸念して、プライバシーに対する懸念を表明する保護者もいます。 一方、京都市では文科省の通知を受けて、胸部を露出しない検査を行う「厚着」検査への移行が始まっている。

医療専門家の中には、服を着たままでも肺や心音を聞いたり、皮膚を検査したりできるため、子供を不快にさせることなく効果的に検査を実施できると主張する人もいる。

自治体間での実践の違いは、正確な健康診断と子どものプライバシーと尊厳の尊重のバランスを取る必要性を浮き彫りにしている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here