Home 世界のニュース 安保理、ガザ即時停戦を求める決議を可決 安保理、ガザ即時停戦を求める決議を承認:14カ国が賛成、米国は棄権

安保理、ガザ即時停戦を求める決議を可決 安保理、ガザ即時停戦を求める決議を承認:14カ国が賛成、米国は棄権

0
安保理、ガザ即時停戦を求める決議を可決 安保理、ガザ即時停戦を求める決議を承認:14カ国が賛成、米国は棄権

15分前

  • リンクをコピーする

国連安全保障理事会(UNSC)は月曜日、ラマダン期間を考慮して、5か月半にわたるイスラエルとハマスの戦争中のガザ地区での即時停戦を承認した。 会合では理事国15人中14人が決議案に賛成票を投じたが、米国は棄権した。

この決議は人質全員の即時解放を要求した。 また、ガザへの人道支援物資の提供に対するあらゆる障害を取り除くよう求めた。 米国が停戦決議案に投票しなかったのはこれが初めてだ。 同氏はすでに安保理でこれらの決議案に3度拒否権を発動している。

戦争を止めるための最初の提案は2023年11月にマルタによってなされた。 2回目は2023年12月にUAEが提案し、3回目は2024年2月に北アフリカの国アルジェリアが提案した。 アメリカは三度も拒否した。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相、イスラエル代表団の訪問をキャンセル
アメリカが安保理での投票を欠席したことでイスラエルは激怒した。 米国が拒否権発動に失敗したことを受け、イスラエルは高官代表団のワシントン訪問をキャンセルした。 実際、安保理決議にはハマスに人質に取られたイスラエル国民の解放条件は盛り込まれていなかった。 このような状況において、イスラエルは米国がその原則から後退していると非難した。

同時に、アントニオ・グテーレス国連事務総長はソーシャルメディアプラットフォームXに、長年懸案となっていたガザ決議案を安保理が承認したと投稿した。 即時停戦と人質全員の即時無条件解放を要求した。 同氏は、この提案はすぐに実施されるべきだと述べた。

拒否権とは何ですか?
UNSC には 5 つの常任理事国がいます。 これらには、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国が含まれます。 彼だけが拒否権を持っている。 それは非常に重要です。 安全保障理事会は、これら 5 か国の同意がなければ決議を可決したり、履行したりすることはできません。 5 人のメンバーのうち 1 人でもその提案に拒否権を発動した場合、その提案は否決されます。

ハマスのテロリストが234人を人質に取った
2023年10月7日、ハマスのテロリストがガザ地区でイスラエルを攻撃し、約234人を人質に取った。 11月24日から11月30日まで停戦が成立した。 ハマスとイスラエル軍は7日間攻撃を停止した。 この後、人質107人が解放された。

イスラエルでは人質解放を求めるデモが起きている。

イスラエルでは人質解放を求めるデモが起きている。

「アル・アクサ洪水」に対するイスラエルの作戦「鉄の剣」
2023 年 10 月 7 日、ハマスはイスラエルを攻撃しました。 それは「アル・アクサ洪水」作戦と名付けられた。 これに応じてイスラエル軍はハマスに対する「鉄の剣」作戦を開始した。

ハマス軍司令官モハメド・デイフ氏は、今回の攻撃はイスラエルによるエルサレムのアルアクサ・​​モスクへの冒涜に対する報復だと述べた。 実際、イスラエル警察は2023年4月にアル・アクサ・モスクに手榴弾を投げ込んでいた。

同時に、ハマスの報道官ガジ・ハマドはアルジャジーラに対し、今回の措置はイスラエルに接近するアラブ諸国への反応であると語った。 ここ数日のメディア報道では、サウジアラビアがアメリカの主導でイスラエルを国として承認する可能性があると報じられている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here