Home 健康ニュース 専門家の意見では、カップルは妊娠を計画する前にこれらの検査を受ける必要があります。 これらは妊娠を計画する前にカップルが行うべき検査です

専門家の意見では、カップルは妊娠を計画する前にこれらの検査を受ける必要があります。 これらは妊娠を計画する前にカップルが行うべき検査です

0
専門家の意見では、カップルは妊娠を計画する前にこれらの検査を受ける必要があります。 これらは妊娠を計画する前にカップルが行うべき検査です

女性は妊娠を考える前に自分の健康を優先する必要があります。 妊娠前ケアは、健康な妊娠と母親と赤ちゃんの両方にとって最適な結果を確保する上で重要な役割を果たします。 包括的な妊娠検査は、健康上の問題を特定し、潜在的なリスクを評価し、妊娠前の懸念に対処するのに役立ちます。 女性が妊娠を考える前に考慮すべき重要な検査をいくつか紹介します。 博士。 Shiva Murarka 氏、ニューバーグゲノム医学センター、生殖ゲノミクス上級研究員 言った。

妊娠前カウンセリング: 特定の検査を受ける前に、女性は医療提供者との妊娠前カウンセリングセッションを予約する必要があります。 このセッションには、個人の病歴、ライフスタイル要因、家族歴、妊娠関連の合併症の包括的な評価が含まれます。 これには、懸念への対処、生殖能力の目標についての話し合い、個別の妊娠前ケア計画の作成が含まれます。

葉酸含有量: 妊娠前および妊娠初期に葉酸を十分に摂取することは、神経管欠損を予防し、胎児の健康な発育を促進するために重要です。 葉酸レベルを検査することは、女性がこの必須栄養素を十分に摂取していることを確認するのに役立ちます。

既存の病気: 糖尿病、高血圧、甲状腺疾患、自己免疫疾患などの病気に苦しむ女性は、妊娠前に自分の健康状態を総合的に評価し、最適化する必要があります。 これらには、妊娠中の血糖値の変化、甲状腺機能、または慢性疾患を制御するための薬物療法が含まれる場合があります。

性感染症 (STI) の検査: HIV、梅毒、淋病、トレポネーマ、クラミジア、B型肝炎、その他の性感染症(STI)は、妊娠前に検査を受ける必要があります。 性感染症(STI)を治療しないと、母親と胎児に健康リスクを引き起こす可能性があります。 これは、早産、低出生体重、新生児感染症などの問題を引き起こす可能性があります。

キャリアスクリーニング: キャリアスクリーニングには、人が特定の遺伝性疾患を持っているかどうかを確認することが含まれます。 嚢胞性線維症、鎌状赤血球症、サラセミア、テイ・サックス病、脊髄性筋萎縮症などの病気を検査します。 両方を検査することで、両方が同じ病気に罹患している可能性が高いかどうかを知ることができます。 そのため、子供がその病気にかかる可能性が高くなります。 保因者の健康情報を知ることで、夫婦は着床前遺伝子検査を伴う体外受精(IVF)や妊娠中の出生前検査など、妊娠に関する選択肢を検討することができます。

遺伝的保因者スクリーニング: 遺伝的保因者スクリーニングは、子孫が遺伝的疾患を有する可能性を評価します。 これは、特定の遺伝性疾患の家族歴、または子孫が遺伝性疾患を患うリスクが高い個人と関連しています。 これらには、嚢胞性線維症、鎌状赤血球症、テイ・サックス病、サラセミアなどの病気の検査が含まれる場合があります。

染色体異常に関する検査: ダウン症候群 (21 トリソミー) などの染色体異常は、発達障害や先天異常の最も一般的な遺伝的原因の 1 つです。 非侵襲的出生前スクリーニング (NIPS) または無細胞胎児 DNA 検査では、胎児 DNA を分析することで染色体異常を検出できます。 母親の血の中に。 通常、妊娠中、カップルは妊娠する前に染色体異常の可能性があるかどうかを確認するための妊娠前検査を受けることを選択することがあります。
これらの重要な検査と出生前ケアにより、女性は健康な妊娠と出産の可能性を高めることができます。 潜在的な危険因子をタイムリーに特定し、健康上の問題を積極的に管理することは、前向きな妊娠経験と健康な子供の誕生に貢献します。 医療アドバイザーの助けを得て、個人に合わせた妊娠前ケア計画を作成することは、妊娠を考えている女性にとって重要なステップです。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here