Home 世界のニュース 市民権改正法に関する米国の報告書は不要:インド外務省が反撃。 CAAに関する米国の報告は不要、インド外務省が反応

市民権改正法に関する米国の報告書は不要:インド外務省が反撃。 CAAに関する米国の報告は不要、インド外務省が反応

0
市民権改正法に関する米国の報告書は不要:インド外務省が反撃。  CAAに関する米国の報告は不要、インド外務省が反応

ニューデリー: インドでは最近、市民権改正法が施行されました。 米国国務省のマシュー・ミラー報道官は最近、インドで市民権改正法がどのように施行されるかを注意深く監視していると述べた。

この件に関して、連邦外務省報道官ランディル・ジャイシュワル氏は昨日メディアと会見した。 それから彼はこう言いました。

CAAの実施に関する米国国務省の声明に関しては、私たちはそれが正しくないと考えています。 米国国務省の報告書には誤った情報が含まれていました。 そして私たちはそれが不必要だと考えています。

CAA 2019 法は、インドの包括的な伝統と人権に対する長年の取り組みに沿ったものです。

インド憲法はすべての国民に宗教の自由を保障しています。

この法律は、2014 年 12 月 31 日までにインドに入国した、アフガニスタン、パキスタン、バングラデシュからのヒンズー教、シーク教、仏教、ジャイナ教、パールシー、キリスト教徒のコミュニティに属する迫害されている少数派に安全な避難所を提供します。

ランディル・ジャイシュワルさんはこう語った。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here