Home 健康ニュース 年齢に応じて、どのくらいの頻度でヘッドフォンを使用する必要がありますか? 専門家の意見がわかりますか?

年齢に応じて、どのくらいの頻度でヘッドフォンを使用する必要がありますか? 専門家の意見がわかりますか?

0
年齢に応じて、どのくらいの頻度でヘッドフォンを使用する必要がありますか? 専門家の意見がわかりますか?

ヘッドフォンを何時間着用するか: 現代では携帯電話が必需品であるように、ヘッドホンやイヤホンも必需品となっています。 ヘッドフォンまたはイヤフォンは、通話中、旅行中、空き時間などに携帯電話で使用されます。 しかし、専門家によると、大音量で音楽を聴いたり、イヤホンを長時間使用したりすると、健康に悪影響を与える可能性があります。 これにより、耳の感染症、難聴、難聴などの問題が発生する可能性があります。 そのため、イヤホンやヘッドホンの正しい使い方を理解することが大切です。 また、どの年齢層の人がどのくらいの頻度でイヤホンやヘッドホンを使用する必要があるのか​​もわかります。

調査によると、47 パーセントの人が音楽を聴いており、42 パーセントの人がヘッドフォンを使って通話しています。 一方、20% の人はこの作業に集中するためにヘッドフォンを使用しています。 同時に、20% の人がヘッドフォンをファッション アクセサリーとして使用しています。 しかし、ヘッドフォンやイヤフォンは耳に危険です。 ヘッドフォンを使用する場合は、年齢に応じてどれくらいの量、どれくらいの時間使用する必要があります。 ヘッドフォンもよく使用する場合は注意が必要です。

19 ~ 29 歳: この年齢層の人は、ヘッドフォンまたはイヤフォンの使用を週あたり最大 7.8 時間、月あたり 33.9 時間、年間あたり 405.6 時間までに制限する必要があります。
30 ~ 49 歳: 30 ~ 49 歳の人は、ヘッドフォンまたはイヤフォンの使用を週 5.5 時間、月 23.9 時間、年間 286 時間に制限する必要があります。
50 歳から 79 歳まで: 50 歳から 79 歳までの個人は、週あたり最大 5.2 時間、月あたり 22.6 時間、年間あたり最大 270.4 時間を目標とする必要があります。

ヘッドフォンを使用する場合、音量は 105 ~ 110 デシベルを超えないようにしてください。 音量はできるだけ低く保つようにしてください。 これは、ボーカル楽器の音量が85dBを超え、2時間持続すると難聴が発生する可能性があることが研究で判明しているためです。 さらに、大音量で音楽を聴くほど、耳にダメージを与える可能性が高くなります。 大音量のヘッドフォンを 1 時間以上使用しないでください。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here