Home 日本のニュース 引越し予約ができない秘密

引越し予約ができない秘密

0
引越し予約ができない秘密

東京, 3 月 24 日 (日本のニュース) – 今月も残り 1 週間となり、多くの人が新年度による環境の変化を理由に引っ越しの準備をしています。 例年この時期は送迎が集中するが、今年は送迎予約の確保がさらに困難になっているようだ。

東京に本拠を置く運送会社の社長は「残念ながら、これ以上予約を受け付けられない状況だ」と話す。 年度末が近づき、ご予約の需要が高まり始めております。 全国に4つのコールセンターを運営する同社は、月初以来、そのうちの1つのセンターだけで100件以上の予約を拒否しなければならなかったと報告している。

運送会社の門司法相社長は「予約枠がいっぱいで、残念ながらこれ以上受け付けることはできない。そうした人たちを望んでいたので本当に残念だ。予約してくださった皆様に感謝している」と残念がった。当社のことを知り、連絡していただきました。」

ソーシャルメディア上では、引っ越しができないという投稿が見られ、希望の時期に引っ越し業者を予約できなかったという体験談をシェアするユーザーもいる。 「季節的な転勤や法改正で予約がいっぱいだと連絡があり、入社日に間に合わない」「ドライバーの労働条件改善により、予約がいっぱいだと連絡を受けた」 「人手不足です。人手不足です。大きな家具はしばらく実家に置かなければなりません。」

引っ越し業者を予約できない人の中には、「実家から軽トラックで引っ越します」「ダンボールを宅配便で送りました」など、別の解決策を模索している人の投稿も見られる。専門的なサービスに頼らずに進める取り組みを示しています。 予算を大幅に上回る見積もりを提示され、「自分で進めるしかない」などの声も上がっている。

引越し業者を確保できない人にとっては、保管庫が選択肢になります。 新居は見つかったが工務店が見つからなかったという男性は、「引っ越し業者6、7社に連絡したが予約が取れなかった。正直、こんな状況になるとは予想していなかった。できるだけ早くそこに行きなさい。」 彼は持ち物を保管するための保管ユニットを一時的に使用していますが、通常の状況であればすでに新居にあるはずです。

保管会社マーケティング部シニアマネージャーの池田大和氏によると、引っ越したくても場所が見つからないという人からの問い合わせが増えているという。遊牧民の会社のために。」

その背景には「2024年問題」がある。 運送会社は、さらなる引っ越しの受け入れを拒否する主な要因の1つを、物流業界の労働者不足だと非難している。 人材確保のため従業員の賃金引き上げを目指しているが、依然として厳しい状況が続いている。 この不足がさらに深刻化すると予想される「2024年問題」とは、来月からトラック運転手の年間残業時間を960時間に制限する規制のことを指す。 この規制により労働条件の改善が期待される一方、物流業界では人手不足が深刻化し、輸送量の減少が懸念される。

その影響は引越し業者だけにとどまりません。 大手配送サービスはドライバーの待遇改善を目的に値上げを発表した。 日本郵便は、来月からゆうパックと速達サービスの配達時間が一部の地域で半日延長されると発表した。 専門家らは、私たちの日常生活にも影響が出ると警告している。

物流問題の専門家である流通経済大学の矢野雄二教授は、潜在的な影響を指摘し、「例えば、長距離輸送でも生鮮食品の種類を維持できるようになるかもしれない」と述べた。輸送時間の長期化により鮮度は当然低下し、コストは必然的に増加します 経済は超長時間労働とドライバーの多大な負担を前提としていますが、私たちは「変えなければならない時期に来ています」その基礎。」

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here