Home 日本のニュース 愛知医科大、コンピューターエラーで志願者80人を誤って不合格に

愛知医科大、コンピューターエラーで志願者80人を誤って不合格に

0
愛知医科大、コンピューターエラーで志願者80人を誤って不合格に

長久手市2月22日(日本のニュース) – 愛知医科大学は、大学入学共通テストの結果を利用した入学手続き中のコンピュータエラーにより、医学部入学試験の二次試験に進むべき受験生80名が誤って不合格とされたと発表した。

同大は22日に予定されている2次試験の受験資格があることを80人全員に通知しており、受験できない人には今月25日などの代替日を設けることを検討している。 指定された日。

愛知医科大学(愛知県長久手市)によると、大学入学共通テスト成績を利用する医学部の入学手続きでコンピューターの操作ミスが発生した。 このミスにより、本来二次試験の受験資格がある80名が不合格と誤判定されてしまいました。 2次試験の受験資格は今月8日に発表されたが、その後のSNSへの投稿で「自己採点では合格者が1人いる。私の方が点数が多かった」などの疑問の声が上がった。 「友達よりも私が不適格だと思われたのはなぜですか?」

こうした懸念から大学が調査したところ、大学入試センターから提供された志願者の成績を大学所定のフォーマットに入力する際に​​誤りがあったことが19日判明した。 同大学は20日に影響を受けた学生に連絡し、誤りを伝えた。

大学は影響を受けた学生に対し、22日の第2期試験の受験資格があることを伝えており、その日に試験を受けられない学生に対しては、今月25日に試験を延期するなどの対応を検討している。与えることも含まれます。 愛知医科大学は受験生に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、今後このようなミスがないよう試験体制を見直し改善していきたいとしている。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here