Home 日本のニュース 成年後見制度の見直しについて有識者が報告書案をまとめる

成年後見制度の見直しについて有識者が報告書案をまとめる

0
成年後見制度の見直しについて有識者が報告書案をまとめる

東京2月21日(日本のニュース) – 有識者委員会は、認知症などの障害のある人の財産や事務を本人に代わって管理することを目的とした成年後見制度の見直しに向けた主要な論点をまとめた報告書草案を作成した。 。

現在の制度では、弁護士、ソーシャルワーカー、その他の第三者が、自分で資産を管理できない人の後見人として活動することが認められています。 しかし、一度後見制度が成立すると、一般に後見制度を元に戻すことができず、後見人の交代も容易ではないため、制度の柔軟性が低いとの批判もある。

これらの懸念に応えて、大学教授やその他の有識者で構成された研究グループは、いくつかの検討分野を示唆する報告書草案を作成しました。 その中には、選任後は後見を終了できないという規定を見直し、相続問題など後見が必要な問題が解決した時点で終了できるよう提案することが含まれる。 報告書はまた、一定期間の後見制度の利用を認めることも示唆している。

さらに草案は、後見人の状況の変化に応じて後見人の交替を可能にし、適切な保護が確実に受けられる仕組みの必要性を強調している。 また、保護者に支払われる報酬の標準化の可能性も高まります。

研究会は22日の会合で報告書をまとめ、今年4月上旬の法制審議会分科会への提出を目指す。 今回の改正案は、成年後見制度をより使いやすく、困っている人にとって利用しやすいものにする取り組みの一環である。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here