Home 日本のニュース 政府がライドシェア運営ガイドラインを提案

政府がライドシェア運営ガイドラインを提案

0
政府がライドシェア運営ガイドラインを提案

東京2月08日 【日本のニュース】国土交通省は、民間ドライバーが有料で乗客の輸送を引き受ける「ライドシェア」を4月から導入するための運用方針案をまとめた。車両。 、

方針案では、予約時に目的地と運賃を確認し、支払いはキャッシュレスで行う。 運行管理を担うタクシー会社には、運転手の労働状況の監視が義務付けられる。

相乗りサービスはタクシー会社が運行管理することを条件に、一部地域に限定して4月から開始される予定だ。 同省は7日の有識者会議で方針案を示した。 素案によると、運転手と乗客間のトラブルを防ぐため、予約時に出発地や到着地、運賃を確認し、支払いは主にキャッシュレス方式で行う。

安全確保のため、運行を管理するタクシー会社には、プロの運転手と同様の教育・指導体制の確立や、兼業の民間運転手の運転業務への支障のないよう労働時間の制限などが求められます。 。 一方、ライドシェアを実施するエリアや時間は、配車アプリのデータをもとに国土交通省が指定する。 方針案は7日の有識者会議で了承を得た後、国民の意見を求めた上で、同省は3月末までに正式決定する予定だ。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here