Home 日本のニュース 政治家の税金未払いに対する国民の怒り

政治家の税金未払いに対する国民の怒り

0
政治家の税金未払いに対する国民の怒り

東京2月21日(日本のニュース) – 自民党の汚金スキャンダルのさなか、納税者の​​怒りが表明され、税務申告事務所で働く人々は困惑している。

税務署のパート女性職員(約20歳)は「苦情は職員に出すように言われていたのに、それでも来る人がいる。苦情が来るのが怖い」と話した。

16日から税務署でアルバイトを始め、確定申告を手伝った。 書類提出中、ある人が突然こんな言葉で彼を侮辱した。

女性職員は「『私たちはここで税金を申告しているのに、国会議員も申告したらどうだ』というようなことを言われた」と振り返る。 「国会議員が税金を払っていないのに、なぜ私たちは税金を払わなければならないのか?」 それはただの静かなつぶやきだった。」

女性は苦情に混乱し、「これは正しくないと思うが、どこに対処すればよいのか分からないので、税務署員に相談してみよう。理由は理解しているが、解決にはならない」と返答に窮した。 「トラブルに巻き込まれますよ。」 役職。”

岸田文雄首相は確定申告シーズンを前に国民に向け、「納税者の皆様には法に基づき適切に申告、納税していただきますようお願いいたします」と呼び掛けた。

「裏金には税金がかからないのか?」という疑問です。 国民の怒りは爆発寸前だ。 多くの人が現政権に不満を表明した。

80代の男性は「自民党のやり方は間違っている。きちんと説明してほしい」と話した。

70歳の男性は「正しいことをしてほしいのに、私の声は届かない。義務なので従うしかないが、不信感しかない」とコメントしています。 」

国会では野党が裏金に課税すべきだと主張して批判を強めている。

立憲民主党の江田憲司氏は「数百万円相当の土を受け取ったのに罪に問われず、脱税の罪にも問われないということは、脱税につながりかねない」と述べた。

自民党は15日、国会議員85人が総額5億7千万円以上の申告漏れの賄賂を受け取っていたと発表した。

立憲民主党の末松義則氏は「修正申告者85人に税務調査をしたのか」と質問。

国税庁審議官は「個人的なことについてはお答えを差し控えるべきだ」と答えた。

国税庁は守秘義務を理由に税務調査の有無を明らかにしていない。

政治家に対する税務調査は実際に行われているのでしょうか? 専門家は次のように説明します。

元国税調査官で税理士の松島宏氏は「政治家なのでデリケートで、税務署も簡単には調査できない。認識の違いがあり、脱税を告発するのはよくあることだ」と話す。そしてそれが嘘であることが判明すれば、政治家たちは報復するだろうし、彼の著名性を考えると、さらに大きな問題になる可能性もある。確かに懸念はある」

また、政治団体が集めた政治資金は原則として非課税であり、政治活動に支出されたのか私的に支出されたのかを明らかにすることが難しく、政治家に対する税務調査が困難となっている。

苦情を受けた女性は、今後も覚悟を決めている。

女性職員は「税務署を批判されるのはちょっと痛い。仕事の一環として受け入れるしかない」と話す。

「政治と金」問題に無条件に対応し続ける政治家について…。

女性職員は「説明責任を果たし、納税者の​​模範となるべきだ」と話した。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here