Home 日本のニュース 日本で致死性の「人食い細菌」の症例が憂慮すべき増加

日本で致死性の「人食い細菌」の症例が憂慮すべき増加

0
日本で致死性の「人食い細菌」の症例が憂慮すべき増加

大阪、3 月 11 日 (日本のニュース) – 「人食い細菌」または重度の連鎖球菌感染症として知られる稀な感染症は、死亡率が 30% です。 昨年の患者数は過去最多の941人に達し、今年は過去最悪のペースとなっている。

感染症の専門家である大阪公立大学大学院の城戸康敏教授が症状や感染経路、治療法について解説する。

木戸教授によると、この細菌は通常は無害だが、毒性が強くなると病気が急速に進行する可能性があるという。 「朝に何かがおかしいと感じ、夕方には意識を失うこともあります」と彼は言います。 「薬で進行を止められない場合は、外科的に手を切断する必要があるかもしれません。」 短期間に腫れが著しく増大した場合は、すぐに医師の診察を受けることが重要だと同氏はアドバイスする。

関連:「人を食べる細菌」感染症の記録的な高水準 – 死亡率30%、男性は足を失う

ソース: mbsニュース

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here