Home 日本のニュース 日本企業、赤ちゃん用おむつの生産を中止

日本企業、赤ちゃん用おむつの生産を中止

0
日本企業、赤ちゃん用おむつの生産を中止

東京3月26日(日本のニュース) – 製紙大手のOGホールディングスは、少子化による需要減退を理由に、子会社の乳児用紙おむつの国内事業を閉鎖すると発表した。

同社は今後、国内の大人用おむつ事業の強化に注力していく考えだ。 発表によると、OGホールディングスは子会社のOGネピアが運営するベビー用紙おむつの国内市場向けの生産・出荷を今年9月までに終了する。 少子化による需要の減少を受けて今回の決定となった。 同社の報告によると、2001年のピーク時には年間約7億枚のおむつを生産していたが、その後その数は約4億枚まで減少したという。 同社は今後、国内需要の増加を見込んで大人用おむつの生産を拡大する計画だ。 一方、同社は海外の乳児用おむつ市場の成長性をみて、インドネシアとマレーシアの工場での生産を継続し、同地域での事業拡大を目指す。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here