Home 日本のニュース 日本最古の学生寮が戦場に

日本最古の学生寮が戦場に

0
日本最古の学生寮が戦場に

京都4 月 3 日 (日本のニュース) – 100 年以上自主管理されてきた日本最古の学生寮の住民が、京都大学がキャンパスから立ち退かせようとしているため、住民らが立ち入っている。

京都大学吉田キャンパスの一部であるにもかかわらず、このホステルの名前は大学の案内看板に目立って記載されておらず、大学との提携の欠如を示しています。

学生は大学の圧力と闘い、自治に対する基本的な信念を持ち、トップダウンの決定に反対し、事務管理に対するボトムアップのアプローチを重視しています。

京都市左京区にあるヨシダホステルには管理者やスタッフはおりません。 正式な管理人は存在せず、完全に住民によって運営されています。 このホステルには、リビングルーム、ゲームルーム、麻雀ルームなどのさまざまな部屋に約 120 人の学生が住んでいます。 コミュニティと自主性のユニークな融合を提供し、異なる背景、国籍、年齢の学生間の関係を促進します。

吉田寮は、1980年代に大学が寮への管理を強化しようとして学生運動や交渉につながった際の顕著な論争を含め、京都大学からのいくつかの挑戦に直面してきた。 こうした紛争にもかかわらず、ホステルはそのまま残り、学生たちは生活条件について大学と協議を続けている。

2017年、大学はホステルの老朽化したインフラへの懸念を理由に、住民に対し立ち退きを要求した。 これは一部の学生に対する法的措置につながり、ホステルの居住者と大学との関係はさらに緊張した。 京都地方裁判所は最終的に、ほとんどの住民は退去する必要がないとの判決を下したが、大学側はこの決定に対して控訴しており、法廷闘争は長期化している。

大学は、ホステルの住民の安全が最優先事項であり、彼らの生活条件に関して交渉の余地はないとしている。 これらの課題にもかかわらず、吉田寮の学生は、このユニークなコミュニティでの生活から学んだ経験と教訓を大切にし、自主性と自治権を大切にし続けています。

ソース: ABCTVニュース

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here