Home 日本のニュース 日本近海で記録的な高温

日本近海で記録的な高温

0
日本近海で記録的な高温

東京3月06日 (日本のニュース) – 気象庁によると、日本周辺の海水温は2023年の平年より1.1度高く、記録開始以来最高となった。

同庁の報告によると、昨年の海水温は記録された116年間のデータの中で最も高く、2021年に記録された過去最高記録の摂氏0.74度を上回った。

過去 1 世紀にわたって、日本付近の海水温は約 1.28 ℃上昇しており、その上昇は特に日本海中部で顕著で、平均より 2.03 ℃高かった。

異常気象解析検討委員会の委員である東京大学の中村秀人教授は、「日本近海は世界の海の中でも水温の上昇が非常に速い海域です。海温が上昇すると降雪量などの降水量が増加します」と話しています。

気候変動の専門家は、海水温の上昇により災害レベルの雨や雪が降る可能性があると警告している。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here