Home 世界のニュース 最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない 血糖値をコントロールするには: 最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない

最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない 血糖値をコントロールするには: 最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない

0
最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない 血糖値をコントロールするには: 最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティと米の消費量が減ります。 甘いものは食べたくない

  • マラーティー語のニュース
  • 国際的
  • 最初に野菜を食べ、次に豆類を食べると、チャパティライスの消費量が減ります。 甘いものは食べたくない

ニューヨーク3分前

  • リンクをコピーする
  • 前糖尿病の人は食事の順序を変えると恩恵を受けるが、すべての人に必要なわけではない:専門家

健康のためには、食事には炭水化物、野菜、脂肪、タンパク質が含まれている必要があります。 しかし、血糖値はその量を変えることでよりよくコントロールできることをご存知ですか? ここ数日、食生活の変化の傾向が強まっています。 これに基づき、豆類や野菜を最初に食べ、米やチャパティなどの炭水化物は後で食べる必要があります。 血糖値のコントロールに役立ちます。

専門家らは、この習慣は糖尿病を発症するリスクがある前糖尿病の人にとって有益である可能性があると述べています。 これは健康な人には必要ありません。 ワイル・コーネル大学医学専門家のアルパナ・シュクラ博士によると、食事の順序としては、最初に野菜、次に脂肪タンパク質、最後に炭水化物を食べるのが望ましいとのこと。 2023年に実施された19件の研究に基づいて、専門家は、最初にサラダを食べ、次にタンパク質(豆類、牛乳、肉など)、最後に炭水化物(パリス、米、パン、ジャガイモ)を食べると血糖値が急激に上昇しないと分析しました。 前糖尿病患者15人を対象とした研究で、シュクラ博士らは参加者に3つの異なる日にグリルチキン、サラダ、特別な種類のパンを3種類の注文で食べさせた。 参加者の血糖値は、食前と30分ごとに3時間測定されました。 参加者がチャパティの前にチキンとサラダを食べた場合、最初にチャパティを食べた場合に比べて、食後の血糖値の上昇が46%低かった。

研究による主張 – 食事の順序は体重のコントロールにも役立ちます。

UCLA Healthの内分泌学者のVijaya Surampudi博士は、食事の順序が体重管理にも役立つことがいくつかの研究で示されていると述べています。 博士。 私たちの目標は、私たちが楽しめる高品質の食べ物だけを食べることであるべきだとビジャヤ氏は言います。 ピサ大学のドメニコ・トリコ博士は、食事の順序や順序に焦点を当てるのではなく、食事に野菜とタンパク質を追加することで健康上の利点が得られ始めると述べています。 昼食や夕食でサラダや野菜の量を増やせば、食べる順番をあまり気にする必要はありません。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here