Home 日本のニュース 東京のマンモス団地、住民の高齢化に苦戦

東京のマンモス団地、住民の高齢化に苦戦

0
東京のマンモス団地、住民の高齢化に苦戦

東京, 3月22日(日本のニュース) – 東京都北区のJR赤羽駅近くに、巨大な霧が丘団地が密集した集合住宅として建っている。 この巨大な複合施設の周囲は非常に静かで、人通りもほとんどありません。

最盛期には146棟の建物に5,000世帯が暮らし、子どもたちの遊ぶ声が響き渡り、活気に満ちたキャンパスでした。

しかし、現在では住民の約60%が65歳以上となっています。 半世紀以上が経ち、この団地は東京の「限界集落」(限られたサービスで生き延びなければならない高齢者が主に住む地域を指す言葉)に変貌し、苦境に立たされている。

ソース: ふん

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here