Home 健康ニュース 柑橘類の健康上の利点が報告されています。 オレンジ、レモングレープ季節のアムラ | レモン 1 個は 35,000 ルピー相当、強力な果物です。レモン、オレンジ、モサンビは夏の健康を改善し、いつ食べるべきか、いつ食べてはいけないかを知っています。

柑橘類の健康上の利点が報告されています。 オレンジ、レモングレープ季節のアムラ | レモン 1 個は 35,000 ルピー相当、強力な果物です。レモン、オレンジ、モサンビは夏の健康を改善し、いつ食べるべきか、いつ食べてはいけないかを知っています。

0
柑橘類の健康上の利点が報告されています。 オレンジ、レモングレープ季節のアムラ | レモン 1 個は 35,000 ルピー相当、強力な果物です。レモン、オレンジ、モサンビは夏の健康を改善し、いつ食べるべきか、いつ食べてはいけないかを知っています。

5日前

  • リンクをコピーする

タミル・ナドゥ州エロデから35キロ離れたシヴァギリ村の寺院に捧げられたレモンが3万5000ルピーで競売に掛けられた。 さて、このレモンの何がそんなに特別なのか疑問に思われるかもしれません。 実はこのレモンは、マハシヴラトリ祭の期間中、パザプシアン寺院のシャンカール卿に捧げられたものです。 レモンや果物のほかに、神に捧げられる品物も競売にかけられました。 最高値で入札してレモンを受け取った人は、今後数年間、富と健康に恵まれると信じられています。

しかし、夏がやって来て、私たちは水分補給のためにさまざまな種類のジュースを探しています。 このような状況では、この夏をフレッシュに保つための選択肢はたくさんあります。

レモンなどの柑橘系の果物は素晴らしい選択肢になります。

そこで、柑橘類を食べることの利点についてお話します。 あなたも学びます-

  • 柑橘系の果物はどのくらい食べるべきですか?
  • 柑橘類をいつ食べると有害ですか?
  • 柑橘類を食べてはいけない人は誰ですか?

専門家-Dr. アヌ・アガルワル – 栄養学と食事学 (ニューデリー)

質問: 酸っぱい果物には何が含まれていますか?

答え- 柑橘系の果物は、繊維、ミネラル、ビタミンCの優れた供給源です。

オレンジ、レモン、ブドウ、マンゴスチン、アムラ、レモンは、インドで主に消費されている柑橘類です。 それは多くの資質に満ちています。

これは、以下の図から理解できます。

質問 – 酸っぱい果物は健康にどの程度有益ですか?
答え-
柑橘類は必須栄養素の宝庫です。 ビタミンCが豊富に含まれているので免疫力を高め、肌の乾燥を防ぎます。 また、食物繊維、ビタミンA、B、カリウムなどの抗酸化物質も含まれており、体にさまざまな効果をもたらします。 柑橘系の果物はカロリーが非常に低いです。 柑橘類に含まれる繊維には、コレステロールの制御に役立つペクチンが含まれています。

以下の図から、柑橘類を食べることの利点を理解してください。

質問: 酸っぱい果物を食べてはいけないのはいつですか?
答え-
栄養学・栄養学のアヌ・アガルワル博士は、柑橘系の果物は体に非​​常に有益ですが、それを食べる適切な時期も非常に重要であると述べています。 このことは以下の点からも理解できる。

空腹時に食事をしないでください
レモン、オレンジ、アムラなどの酸っぱい果物は、クエン酸が多く含まれているため、朝起きた後の空腹時に食べるべきではありません。 このような状況では、酸っぱい果物を食べると胃酸の量が増加する可能性があります。 胸やけやその他の問題を引き起こす可能性があります。

食後すぐに食べないでください
柑橘系の果物は、酸っぱい果物を食べると胃酸が発生するため、食後すぐに食べるべきではありません。 酸性度の問題が発生する可能性があります。 不快感、消化不良、胸やけを引き起こす可能性があります。

夜に酸っぱい果物を食べないでください
柑橘系の果物は天然の利尿作用があり、胃内で酸を生成し、優れた水分源でもあるため、夜間の過剰な排尿や睡眠障害につながる可能性があるため、夕方と夜には食べないでください。

質問: 柑橘系の果物は何個食べるべきですか?
答え-
インド医学研究評議会 (ICMR) によると、成人男性は 1 日あたり 65 mg のビタミン C が必要で、女性は 1 日あたり 55 mg のビタミン C が必要です。

このためには、100〜200グラムの酸っぱい果物を摂取する必要があります。 アムラはビタミンCの優れた供給源です。 アムラ 100 グラムには 600 mg のビタミン C が含まれています。

質問 – 酸っぱい果物を食べると何か問題が起こることがありますか?
答え:
一般に、酸っぱい果物を食べても害はありませんが、酸っぱい果物を食べすぎると健康上の問題を引き起こす可能性があります。 酸っぱい果物を食べすぎると、体のむくみのリスクが高まります。 サワークリームを食べすぎると皮膚疾患を引き起こす可能性があります。

傷や引っ掻き傷がある人は柑橘類を食べないでください。 これにより、怪我をする可能性が高まります。

下の図から、いつ柑橘類を食べてはいけないかを理解してください。

質問: 柑橘系の果物またはそのジュースは同じように有益ですか?
答え-
柑橘類には食物繊維が豊富に含まれています。 そんな時は柑橘類のジュースやスムージーを飲むと繊維が分解されます。 したがって、酸っぱい果物はできるだけ噛んで丸ごと食べるようにしましょう。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here