Home 日本のニュース 海上保安庁、AI生成パンフレットを停止

海上保安庁、AI生成パンフレットを停止

0
海上保安庁、AI生成パンフレットを停止

東京4 月 3 日 (日本のニュース) – 海上保安庁は、著作権法に違反する可能性があるとの批判を受け、汎用 AI によって作成された画像を含むパンフレットの配布を停止した。

このパンフレットは海難事故防止を目的としており、若者の関心を引くために無料の AI ソフトウェアによって生成された女性のアニメ風の絵が特徴です。 海上保安庁は漁業者や関係者に配布するため、各地の海上保​​安本部に5万部を送付した。

パンフレットをソーシャルメディアやウェブサイトに掲載したところ、海上保安庁が著作権法違反の疑いなどの批判にさらされ、配布停止を決定した。

海上保安庁は「著作権法に直接違反するものではないものの、その可能性は否定できない。著作権を巡る議論が続いていることを踏まえ、現段階でパンフレットの利用を停止することを決定した」としている。

現在の著作権法では、「生成AI」による無断学習が原則として認められている。 しかし、メーカー側は権利侵害を懸念し、法改正を求めている。

ソース: TBS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here