Home 日本のニュース 消防署長、ワクチン接種を受けていない職員への嫌がらせで停職処分

消防署長、ワクチン接種を受けていない職員への嫌がらせで停職処分

0
消防署長、ワクチン接種を受けていない職員への嫌がらせで停職処分

滋賀3月29日(日本のニュース) – 滋賀県の消防署長は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けないと決めた職員が私が行ったオフィスの廊下で強制労働させられた後、「ワクチンハラスメント」で懲戒処分を受けた。

滋賀県甲賀市と湖南市が共同設置した消防署に勤務する30代女性職員が、2021年に新型コロナウイルスワクチンの接種を奨励された。 彼女は個人的な健康上の懸念からワクチン接種を受けない意向を表明した。 、 その後、上司の度重なる説得と執拗な拒否により、廊下勤務に異動させられ、更衣室の使用も拒否され、最終的には心身の不調により退職した。

甲賀広域行政組合消防本部は「感染症対策を管理する責任者として適切な判断を欠いた」として、消防長を停職3カ月、副消防長を停職6カ月の懲戒処分とした。規律正しい。 同協会が設置した第三者委員会は3月15日、消防署の行為をワクチンハラスメントと認定した。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here