Home 日本のニュース 狼だ! 学生が絶滅種を発見

狼だ! 学生が絶滅種を発見

0
狼だ! 学生が絶滅種を発見

東京, 2月28日(日本のニュース) – 国立科学博物館に「野生の犬」として保管されていた剥製標本が、現在は絶滅したニホンオオカミであることが判明した。 ニホンオオカミの可能性に最初に気づいたのは東京の中学生で、専門家らと協力して研究を進め、最近その研究結果を発表した。

論文を発表したのは、東京都の中学1年生、小森陽菜さんら国立科学博物館の研究チームによるもの。 4年前、小学4年生だった小森さんは、茨城県つくば市にある同博物館の収蔵庫で開かれた特別公開イベントを訪れ、剥製標本の一つが絵本で見たニホンオオカミに似ていることに気づいた。およびその他の参考文献。 標本は「野犬の一種」として保管されていましたが、体型の史料や剥製ラベルなどをもとに小森氏や専門家らが詳細に調査した結果、ニホンオオカミである可能性が高いことが判明しました。 100年以上前の上野動物園。 調査結果は2年かけて論文にまとめられ、今月発表された。

研究チームによると、ニホンオオカミはかつて日本にも生息していたが、約100年前に絶滅したとみられる。 剥製や毛皮の標本は国内外に数点しか現存していない。 小森さんは、「額から鼻にかけての平べったい形、短い前足、背中の黒い毛などの特徴を見たとき、レーダーが『ピー』と鳴ったような気がしました。ニホンオオカミに違いありません。」とコメントしています。心の中ではとても興奮していて、踊り始めたい、ダンスを踊りたいと思っていました。」

小森さんは、剥製が「野犬の一種」とみなされ、徹底的な調査がされていなかったことを知り、博物館が公開した過去の記録を調べる際に専門家に相談した。 5年生のとき、個人研究として剥製物がニホンオオカミである可能性を示唆するレポートを作成した。 この報告書は、図書館振興財団主催のコンクールにおいて文部科学大臣賞を受賞しました。 相談した専門家の一人で、標本の歴史に詳しい山科鳥類研究所の小林さやか研究員は「研究成果を学術論文として残してほしい」と提案した。

論文に客観的な分析を提供するために、小森氏は分析とレビューにさらに 2 年を費やしました。 論文は専門家による査読を経て、今月22日に国立科学博物館発行の電子ジャーナルに掲載された。 小林氏は小森氏の観察力を称賛し、彼が情熱を注いでいる分野への関心を深めるよう奨励した。

論文の共著者で国立科学博物館動物研究部主任研究員の川田真一郎氏は、小森氏の発見と若くしての論文執筆は「驚くべきもの」であり、今後の発見に期待していると述べた。 、 同博物館には、新たに確認されたニホンオオカミの剥製やその他の歴史的に貴重な標本を含む500万点以上の収蔵品があり、日本最大のコレクションとなっている。 同館は昨年8月、貴重なコレクションの管理を支援するクラウドファンディングを実施し、5万人を超える支援で目標額を大幅に上回る9億円以上の資金を集めた。

同博物館の膨大な動物剥製コレクションの管理責任者でもある川田氏は、今回の発見を通じて、貴重なコレクションを将来に向けて保存することの重要性を認識した。 同氏は、起源がまだ解明されていない標本が多く存在し、新しい技術による将来の研究のためにそれらを保存することが重要であると述べた。 今回発見された剥製は現時点で一般公開の予定はないが、別のニホンオオカミの剥製が東京・上野の博物館に展示されており、閲覧できる。

ソース: 日本放送協会

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here