Home 日本のニュース 目視による気象観測は全国的に中止される

目視による気象観測は全国的に中止される

0
目視による気象観測は全国的に中止される

東京3月24日(日本のニュース) – 気象庁は3月26日から東京と大阪を除く全国で目視気象観測を中止する。

気象庁では明治時代から3時間ごとに目視観測を行っています。

ある観測員は「まず空を見て雲の量を確認します。雲の量や視程の限界、黄砂などの特殊な現象を定期的に観測しています」と説明する。

基本的な観測は自動システムに移管されるが、晴天の度合い、雲の種類と量、ひょうとひょうの区別など、機械にとって難しいと思われる一部の評価は省略される。

気象庁退職者らは観測精度の維持を歓迎しているが、記録が破壊されたことを遺憾に思う。

元気象庁観測員の古川毅氏は、「気象現象は二つとして同じではなく、常に異なります。記録しておくことで、なぜそれが起こったのか将来的に分析できるようになります。可能であれば、記録を継続することが重要です…残念ではありますが」と述べています。現在の自動観測で得られる情報は精度が高く、広く利用することに問題はありません。」

気象庁は今後も職員研修の一環として東京と大阪で目視観測を継続し、人間の経験を活用して機械による判断の妥当性を検証する予定だ。

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here