Home 健康ニュース 縮毛矯正で少女の腎臓がダメージを受けましたが、あなたも同じ間違いをしていませんか?

縮毛矯正で少女の腎臓がダメージを受けましたが、あなたも同じ間違いをしていませんか?

0
縮毛矯正で少女の腎臓がダメージを受けましたが、あなたも同じ間違いをしていませんか?

サロンで縮毛矯正を受けた26歳の少女が腎不全を患ったケースが明らかになった。 これに関連した研究が『The New England Journal of Medicine』に掲載されました。 この中で医師は少女に何が起こったのかについて詳細な情報を与えた。 一方、少女の身元は明らかにされていない。 この少女を治療していた医師は、髪を整えるために使用された製品の1つが彼女の臓器を損傷したと述べた。 医師らによると、少女は2020年6月、2021年4月、2022年7月に毛髪の施術を受けていたという。

少女にはこれまで健康上の問題はなかった。 しかし、彼女はサロンに来るたびに、嘔吐、下痢、発熱、背中の痛みを感じました。 研究では、治療中に頭皮が腫れ、頭に潰瘍ができたことも報告されている。

若い女性の血液中のクレアチニン濃度が上昇していることを発見した医師たちは、彼女の腎臓が機能不全に陥っていることに気づきました。 尿中に血が検出されたため、医師はCTスキャンを指示しました。 しかし、他の感染症の症状はありませんでした。 また、腎臓も詰まっていませんでした。

少女は医師に対し、グリオキシル酸と呼ばれる化学物質を含む縮毛矯正クリームで髪を処理したと話した。 このため、医師らは彼の頭皮が火傷し潰瘍になったと結論付けた。 ラットを使った実験では、酸が皮膚から吸収されて腎臓に到達し、損傷を引き起こすことが判明した。

この研究では、女性がシュウ酸腎症による急性腎障害を繰り返していたと報告されている。 これは、尿細管内でのシュウ酸カルシウム結晶の形成により腎機能の低下を引き起こす稀な疾患です。 グリオキシル酸が縮毛矯正プロセスに関与しているという証拠もあります。

「これらの製品でのグリオキシル酸の使用を禁止し、別の安全な化合物を見つけるようメーカーに要請するのが賢明でしょう」と博士は述べた。 ジョシュア・デイビッド・キング氏はLive Scienceに語った。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here