Home 日本のニュース 自民党会合での「不適切な番組」が物議を醸す。

自民党会合での「不適切な番組」が物議を醸す。

0
自民党会合での「不適切な番組」が物議を醸す。

東京、 3 月 11 日 (日本のニュース) – 露出度の高い女性ダンサーが関与した自由民主党 (LDP) の会議に関連して問題が浮上しました。 現場にいた人々の詳細な証言が状況を明らかにしている。

「ダンサーは2回登場した」と出席者は明かした

昨年11月、自民党青年局の近畿ブロック会議が和歌山市内のホテルで開かれた。 青年部の国会議員2名と出席者約40名が出席しました。 物議を醸す行為はその後の懇親会で起きた。

ある参加者によると、突然5人の女性ダンサーがステージに現れたという。 参加者の男性は「どこからともなく音楽が流れ始め、彼らが出てきた。私たちは皆静かで圧倒された。タップダンサーが来ると聞いていたので、彼らのようなダンサーが来るとは予想していなかった」と語った。

質問:ダンサーたちは川畑議員の知り合いでしたか?

川畑哲也・自民党和歌山県連青年部会長「ダンサーたちはあまり馴染みがなかったが、仲介者は以前から知っていた」。

質問:自民党がこのようなイベントを主催するのは初めてですか?

「自民党としては初めてのことだった」

質問:それはどんな種類のダンスでしたか?

「私たちはそれをモダンダンスかゴーゴーダンスだと考えました。」

1960年代に流行したゴーゴーダンスを期待していたが、その後は予想外の光景が広がった。 男性出席者は「ダンサーたちは2回衣装を替えたようだった」と続けた。 二度目に、彼女の服装はより多くの肌を露出した。

質問: ドレスはランジェリーでしたか?

川畑「いえ、下着というより水着でした」

その後、ダンサーたちはステージから降りて参加者に近づき、参加者の一人が口から口へチップを渡したという。 出席者の男性は「2回も参加しているのでみんな驚いていた。アルコールの影響もあり、政治家の集まりでこんなことが許されるのかと思った」と話した。

川畑議員から口コミ情報が配布されたのでしょうか?

質問: 口コミで推薦を行った参加者はいますか?

川畑:「ありましたね」

質問: 衣装をつついてダンサーのお尻を触る参加者はいませんでしたか?

「それはちょっと……細かいところまで覚えておかないと」

会合を企画した市議会議員の川畑哲也氏によると、テーマは「多様性」だという。 「今年のテーマは多様性でした。私たちの目的は、異なる生活を送っている人や、異なる職業で働いている人々に本当に注意を払っているのかという問題を提起することでした。ダンサーたちは強い使命感を持ってプロフェッショナルなパフォーマンスを披露してくれたと思います。しかし、 、特にソーシャル機能の終わりの興奮が私の期待を上回っていたことを後悔しています。もっと慎重に選択すべきでした。」

情報筋によると、川畑議員がタレコミを作成、配布したという。 尋問されたとき、彼は次のように認めた。

Q:ヒントは用意しましたか?

川畑「ちょっと曖昧です。私も用意しましたが、参加者の方々も協力してくれました。」

質問: チップは一万円札ですか、それとも千円札ですか?

千円札に入っていました。

懇親会終了後、自民党本部青年局長の藤原隆氏と中曽根康隆氏次長が辞任した。 藤原さんは「演奏中に違和感を感じたが、和歌山県連盟の手配だったのでその場で中止するのは躊躇した」と話した。

質問: ダンサーの体に触れましたか?

藤原「そんなことした覚えはないですよ」

中曽根氏:「確かにそうではありません。」

――痴漢行為が発覚したら国会議員を辞めますか?

藤原「現時点では、私は触れていないというふうに認識しております。これが今の認識です。」

質問: あなたの理解は変わりますか?

「基本的にはノーです。」

ソース: アン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here