Home 日本のニュース 青木恵子の正義の戦いが終わる

青木恵子の正義の戦いが終わる

0
青木恵子の正義の戦いが終わる

大阪4月04日 (日本のニュース) – 当初放火と殺人で有罪判決を受けた後、再審で無罪となった女性、青木恵子は、最高裁判所が彼女の不当な有罪判決に対する国家責任を認めなかったことを受けて、無罪を主張した。と公に怒りを表明した。

青木被告は1995年、大阪市東住吉区の自宅に放火し、11歳の娘を死亡させた疑いが持たれている。 彼は有罪判決を受け、刑務所で過ごした。 しかし、2016年に有罪判決が覆され、再審で無罪となった。

青木さんは警察の捜査と検察の起訴は違法だとして、大阪府と国に賠償を求めた。 地裁、控訴両裁判所は警察の取り調べの違法性を認めて大阪府の責任を問う一方、検察の行為を違法とは認定せず、国の責任を免責した。 現在、最高裁判所は下級裁判所の判決を支持しつつ、青木氏の上告を棄却した。

青木氏は「検察は警察の捜査内容をもとに流れ作業のように起訴を進めるだけだ。人の命を預かる検察にそんな余裕があるのか​​」と残念がった。その罪状にそんなに無頓着なのか?これが正されない限り、不当な有罪判決は止まらないだろう。」

ソース: MBS

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here