Home 日本のニュース 2月の日本のCPIは2.8%上昇した

2月の日本のCPIは2.8%上昇した

0
2月の日本のCPIは2.8%上昇した

東京3月23日(日本のニュース) – 総務省は、変動の激しい生鮮食品価格を除いた2月の全国消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.8%上昇したと発表した。

この伸び率は4カ月ぶりの拡大となる。 同省によると、生鮮食品を除く総合指数は106.5となり、前年比2.8%上昇した。 伸び率は1月の2.0%から4カ月ぶりに加速した。

この上昇の主な要因は、食品や住宅価格の上昇に加え、政府が1年前から実施してきた電気や都市ガスの料金抑制策の効果が薄れたことである。

日銀は3月の金融政策決定会合を受け、マイナス金利の解除を含む大規模な金融緩和策の見直しを決定した。 上田知事は「賃金と物価の好循環が強まっている」と確認した。

ソース: テレ東BIZ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here