脊髄損傷

「脊髄損傷」疾患を発症する確率は、日本では約1,270人に1人です。

「脊髄損傷」 脳と体をつなぐ太い神経が怪我や病気によって損傷されることで起こります。 「脊髄損傷」 損傷部位により症状は異なりますが、車椅子の移動や池の水抜きの介助が必要となる場合があります。 リハビリテーションにより日常生活の自立度は高まりますが、日本の課題は職場復帰率がまだ低いことです。 「脊髄損傷」患者の数は毎年5,000人以上増加しています。

「脊髄損傷」障害の概要と数値の出典:

労働災害・疾病の医学研究普及サイト(独立行政法人労働者健康安全機構) 【2016年10月21日参照】

脊髄損傷_メイキング1

MY STORY

15歳の時に首の脊髄を損傷したSさん。
自ら動いて夢を叶える人が増えることを目指して、
シェイクハートプロジェクトという団体を立ち上げたそうです。
そんなSさんが、明るくなれたきっかけとは?

-Sさんが脊髄損傷になった原因は?

中学校の卒業旅行中に、プールの飛び込みに失敗したのがきっかけで脊髄損傷になりました。15歳という多感な時期だったので、かなり落ち込みました。「今後どうすればいいんだろう」と頭が真っ白になり、自殺も考えましたね。今考えると、この体で何ができるのか、を一番真剣に考えた時期だったと思います。

-立ち直ったきっかけは?

大学入学です。何の思い出もつくれなかった暗闇の高校時代を経て、当時の私は「このままじゃいけない」という想いを強く抱えていて、「授業ひとつにつき一人に声をかける」というマイルールを決めたんです。そうやって自分で動くようになったら友達も増え、楽しい思い出をたくさんつくることができました。

-生活していて一番困ることはなんですか?

トイレです。私の場合は胸から下の筋肉を動かせないので、お手洗いのコントロールもできない状況にあり、お腹が冷えてしまった時なんかは本当に困りますね。近くにトイレがないと大変なので、24時間使える車椅子用トイレや多目的トイレの数がもっと増えてほしいなと思います。

脊髄損傷_メイキング2

FAQ.

Q1. 脊髄損傷って何?

背骨の中を通っている太い神経「脊髄」が何らかの原因で損傷してしまう状態です。脳からのメッセージが手足に届かなくなり、麻痺・しびれなどの障害を引き起こします。

Q2. どんな原因があるの?

交通事故や転落、スポーツ外傷などの外力が主な原因ですが、病気や骨粗鬆症もまれに起因します。

Q3. どんな症状が出る?

損傷部位と程度によって異なりますが、一般的には損傷部位以下の身体に麻痺・しびれ・筋力低下などが現れます。排尿・排便障害や呼吸機能障害も起こりうるケースがあります。

Q4. どうやって診断するの?

医師の問診と身体診察に加え、MRI検査やX線検査で損傷部位と程度を詳しく確認します。

Q5. 脊髄損傷は治療できるの?

残念ながら、損傷した脊髄の完全な再生は今のところ難しいです。しかし、損傷部位の固定、リハビリテーション、薬物療法などの総合的な治療で、残存機能の回復や代償機能の獲得を目指し、日常生活における自立度を高めることは可能です。

Q6. 脊髄損傷は治るの?

完全な回復は難しいですが、適切な治療とリハビリテーションで、日常生活への復帰や社会参加、活動的な生活を送ることは可能です。再生医療や神経移植などの研究も進んでおり、将来的には機能回復につながる可能性が期待されています。

Q7. 脊髄損傷は予防できる?

事故や転落を避ける安全な行動を心がけることでリスクを減らせます。また、骨粗鬆症などの脊椎脆弱性疾患の早期発見・治療も重要です。

Q8. 脊髄損傷は再発するの?

一度損傷した脊髄は再生しないため、再発はありません。しかし、二次障害を防ぐため、転倒や圧迫には注意が必要です。

Q9. 脊髄損傷を持つ人とどう関われば良い?

一人ひとり特性が異なるため、偏見を持たずに理解を深めることが大切です。必要な時はサポートを提供し、自立を尊重しましょう。

Q10. 脊髄損傷についてもっと詳しく知りたい!

医療機関や専門家団体に相談するのが一番です。正確な情報に基づいて接し、個人のプライバシーを尊重するように心がけましょう。

Leave a Comment