Home 症状と原因 アスペルガー症候群: 症状と原因

アスペルガー症候群: 症状と原因

1
アスペルガー症候群: 症状と原因
Asperger syndrome symptoms and causes アスペルガー症候群の症状と原因

このアスペルガー症候群の症状と原因が書かれています。 アスペルガー症候群は、社会的交流や非言語的コミュニケーションが困難であり、行動や興味が限定的で反復的であることを特徴とする発達障害です。
自閉症は、1944 年にオーストリアの小児科医ハンス アスペルガーによって初めて説明されましたが、言語発達と認知能力の点で古典的な自閉症とは異なります。

アスペルガー症候群の症状:

  1. 社会的交流の困難: アスペルガー症候群の人は、社会的な合図や規範を理解することが難しい場合があります。 または、会話を開始したり維持したり、アイコンタクトをしたり、顔の表情やボディーランゲージを正しく解釈したりすることが困難な場合があります。 あるいは、社会的に気まずそうに見える。
  2. コミュニケーションの困難: アスペルガー症候群の人は、通常、正常または高度な言語スキルを発達させますが、コミュニケーションに困難を抱えています。 彼らは形式的または単調な話し方で話し、皮肉や比喩的な言葉を理解するのが難しい場合があります。 また、社交的な会話のニュアンスを理解するのが難しい場合もあります。
  3. 限定された興味と反復的な行動: アスペルガー症候群の人は、特定のトピックや活動に対して強く狭い興味を抱くことがよくあります。 彼らはこれらのトピックの調査や議論に何時間も費やしているため、日常生活や儀式が中断されると動揺する可能性があります。 手を振ったり、振ったり、物を並べたりするなどの反復的な行動も見られる場合があります。
  4. 感覚過敏: アスペルガー症候群の人は、感覚刺激に対して過敏または鈍感であることがよくあります。 特定の質感、大きな音、明るい光は、不快感や痛みを引き起こす可能性があります。
  5. 変化への対処の難しさ: アスペルガー症候群の人は、通常、ルーティンと予測可能性を好みます。 環境や毎日のスケジュールの予期せぬ変化や変化に対して、不安や動揺を感じることがあるかもしれません。
  6. 理解の遅れ: 言語や数学などの特定の分野では高い能力を持っている人もいますが、抽象的な概念や指示を他の人と同じように理解するのが難しい場合があります。 がある。 。
  7. 運動器の不器用: 子供は、細かい運動能力や筋力が不十分なため、文字や運動能力に苦労することがあります。
  8. 注意欠陥: 特定の興味や活動に集中し、他のことに気を取られやすくなります。 また、過剰な刺激に対してより敏感になる可能性もあります。
  9. 感情のコントロールが難しい: 不安やストレスに敏感で、怒りや沸騰を経験することがありますが、自分の感情を適切に表現することが難しい場合があります。
  10. 同調性の欠如: 他人の感情や視点を理解することが難しく、他人と感情的なつながりを築くことが難しい場合があります。

アスペルガー症候群の原因:

  1. 遺伝的要因: 研究により、遺伝的要因がアスペルガー病を引き起こす可能性があることが示されています。症候群の発症に重要な役割を果たします。 これは家族内で発生し、特定の遺伝子変異または突然変異によりこの症状への感受性が高まる可能性があります。
  2. 脳の違い: アスペルガー症候群の人は、脳の構造と機能、特に社会的認知、コミュニケーション、感覚処理を担う領域に違いがあります。 これらの違いは、この状態に関連する症状に影響を与える可能性があります。
  3. 環境要因: アスペルガー症候群の一因となる正確な環境要因は完全には理解されていませんが、胎児の毒素への曝露、妊娠中の母親の感染、または出産時の合併症が含まれる可能性があります。 症状が含まれる場合があります。 場合によっては要因が関係することもあります。
  4. 神経発達因子: アスペルガー症候群は、脳と神経系の発達に影響を与える神経発達障害であると考えられています。 初期の脳発達の混乱または遅延は、この状態に関連する症状の出現に影響を与える可能性があります。
  5. その他の症状: いくつかの研究によると、早産、低出生体重、胎児の特定の薬物への曝露などの病状や要因により、アスペルガー症候群を発症するリスクが高まる可能性があります。 がある。 がある。
  6. 母体の健康: 妊娠中の母親の健康状態とライフスタイルは、胎児の発育に影響を与える可能性があります。
  7. 出生時の合併症: 出生時の合併症や合併症は、脳の発達に影響を与える可能性があります。
  8. 環境要因: 特定の環境ストレスや刺激は、アスペルガー症候群の発症や症状の悪化に寄与する可能性があります。
  9. 薬物および化学物質への曝露: 胎児および乳児が薬物および化学物質に曝露されると、発育に影響を及ぼす可能性があります。
  10. 親子関係のパターン: 子供の成長と発達における親子関係のパターンとコミュニケーション スタイルは、アスペルガー症候群の症状の発症に影響を与える可能性があります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here