Home 症状と原因 ギラン・バレー症候群 (GBS) : 症状と原因

ギラン・バレー症候群 (GBS) : 症状と原因

1
ギラン・バレー症候群 (GBS) : 症状と原因
Guillain-Barre syndrome (GBS) Symptoms And Causes ギラン・バレー症候群 (GBS) : 症状と原因

ギランバレー症候群 (GBS) の症状と原因を理解することは、この症状の早期診断と効果的な管理のために重要です。 ギラン・バレー症候群 (GBS) は、末梢神経系に一般的に影響を及ぼす、まれではあるが重篤な自己免疫疾患の 1 つです。

ギラン・バレー症候群(GBS)病は急速な筋力低下や場合によっては麻痺を引き起こす可能性があり、正しく治療しないと生命を脅かす可能性があります。

ギラン・バレー症候群はまれではありますが、迅速な治療が必要なため重要です。 GBS の兆候とその背後にある考えられる理由を知ることは、GBS 患者がより早く適切な診断と治療を受けるのに役立ちます。

あなた自身またはあなたの知人が GBS の症状を経験した場合は、すぐに医師の診察を受けてください。 早期に支援を受けることで、ギラン・バレー症候群の回復と将来の健康状態を大幅に改善することができます。

ギランバレー症候群の症状:

ギランバレー症候群の症状は以下の通りです。

  1. 筋力低下: GBS は通常、脚の筋力低下としびれから始まり、腕や上半身に広がります。 筋力低下は急速に進行し、歩いたり、立ったり、日常生活を行うことが困難になる場合があります。
  2. しびれ: GBS 患者の多くは、手足の先端から始まり内側に広がるしびれやしびれを経験します。
  3. 反射の喪失: 神経障害により、膝反射などの反射が低下したり消失したりすることがあります。
  4. 痛み: 人によっては、軽度の不快感から重度の鋭い痛みまで、筋肉や関節にさまざまな程度の痛みを感じることがあります。
  5. 呼吸困難または嚥下困難: 重度の場合、GBS は呼吸筋および嚥下筋に影響を及ぼし、呼吸や水分の摂食または嚥下が困難になることがあります。
  6. 麻痺: 最も重度の場合、GBS は麻痺を引き起こし、呼吸を補助するために人工呼吸器が必要になることがあります。

ギラン・バレー症候群の原因:

ギランバレー症候群の原因は以下の通りです。

  1. 自己免疫反応: GBS は、体の免疫系が誤って周囲の神経を攻撃する異常な免疫反応によって引き起こされると考えられています。 この自己免疫反応は通常、細菌またはウイルス感染に先行して起こります。
  2. 感染症: GBS の正確な原因は完全には理解されていませんが、特定の感染症がこの症候群の発症リスクを高めることが示されています。 これも:
    • カンピロバクター ジェジュニ: 加熱が不十分な家禽や汚染された水によく見られる細菌で、カンピロバクター感染は GBS の最も一般的な誘因の 1 つです。
    • サイトメガロウイルス (CMV): 軽度から重度の疾患を引き起こすヘルペスウイルスであり、CMV 感染は一部の GBS 症例に関連しています。
    • エプスタイン・バーウイルス (EBV): ヘルペスウイルスファミリーの別のメンバーである EBV 感染は GBS の発症に関連しています。
    • ジカ ウイルス: ジカ ウイルス感染症の流行は、感染地域における GBS の発生率の増加と関連しています。
  3. ワクチン接種: 非常にまれですが、特定のワクチンによって GBS のリスクが高まる可能性があります。 特に、インフルエンザ ワクチンと 1976 年の豚インフルエンザのパンデミックで使用されたワクチンには、そのようなリスクが伴います。 しかし、感染症を予防するワクチン接種の全体的な利点は、GBS のわずかなリスクをはるかに上回ります。
  4. その他の危険因子: GBS の主な誘因は感染症ですが、他の要因によってリスクが高まる可能性があります。 これも:
    • 年齢: GBS はあらゆる年齢層に発症する可能性がありますが、成人および高齢者に多く見られます。
    • 性別: 男性は女性よりも GBS を患う可能性がわずかに高くなります。
    • 最近の手術または外傷: 場合によっては、手術、重傷、骨折などの物理的外傷が存在する可能性があります。

GBSの発症につながる可能性があります。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here